ソフトバンク、ウーバー株取得を提案

「評価額480億ドル」は高いのか、安いのか

 11月27日、関係筋が明らかにしたところによると、ソフトバンクグループは米配車大手ウーバー・テクノロジーズの株式をバリュエーション(企業価値の評価額)480億ドルで買い付けることを提案している。写真はソフトバンクグループのロゴ。都内の同社本社で6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[サンフランシスコ 27日 ロイター] - 関係筋が27日明らかにしたところによると、ソフトバンクグループ<9984.T>は、米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]の株式を直近の企業評価額を30%下回る水準で買い付けることを提案する見通し。

直近の評価額は685億ドルだが、ソフトバンクは、ウーバーの企業価値を480億ドルと判断して株式の取得を提案する見通し。

ウーバーの取締役会は10月にソフトバンクからの出資受け入れを承認。企業統治(コーポレートガバナンス)改革を進める方針も決定した。

ソフトバンクとドラゴニア・インベストメント・グループが主導する企業連合は、ウーバー株の少なくとも14%を取得する計画。

関係筋によると、株式の買い付けは28日に開始する。株主の応募期間は約1カ月。

株式の売却に応じる株主が少なければ、ソフトバンクは出資を中止することも可能。

ソフトバンクはこれとは別に、評価額685億ドルでウーバーに10億ドルを投資する見通し。

別の関係筋は、ソフトバンクの提示額について、投資家の想定通りとの見方を示した。

ピッチブックのデータによると、ソフトバンクの提示額は2015年当時のウーバーの企業評価額に近い。当時の評価額は510億ドル、1株当たり40ドル弱だった。

エクイティー・ゼンの創業者フィル・ハスレット氏は、ウーバーが2019年の新規株式公開(IPO)を計画していることを踏まえれば、ソフトバンクの提示額は、大幅なディスカウントだとの見方を示した。

ウーバーは先に、昨年のハッカー攻撃でユーザー約5700万人の個人情報が流出していた問題について、公表前にソフトバンクに報告していたと明らかにしている。

ソフトバンクの提示額については、ブルームバーグが最初に報じた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT