ソフトバンク、ウーバー株取得を提案

「評価額480億ドル」は高いのか、安いのか

 11月27日、関係筋が明らかにしたところによると、ソフトバンクグループは米配車大手ウーバー・テクノロジーズの株式をバリュエーション(企業価値の評価額)480億ドルで買い付けることを提案している。写真はソフトバンクグループのロゴ。都内の同社本社で6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[サンフランシスコ 27日 ロイター] - 関係筋が27日明らかにしたところによると、ソフトバンクグループ<9984.T>は、米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]の株式を直近の企業評価額を30%下回る水準で買い付けることを提案する見通し。

直近の評価額は685億ドルだが、ソフトバンクは、ウーバーの企業価値を480億ドルと判断して株式の取得を提案する見通し。

ウーバーの取締役会は10月にソフトバンクからの出資受け入れを承認。企業統治(コーポレートガバナンス)改革を進める方針も決定した。

ソフトバンクとドラゴニア・インベストメント・グループが主導する企業連合は、ウーバー株の少なくとも14%を取得する計画。

関係筋によると、株式の買い付けは28日に開始する。株主の応募期間は約1カ月。

株式の売却に応じる株主が少なければ、ソフトバンクは出資を中止することも可能。

ソフトバンクはこれとは別に、評価額685億ドルでウーバーに10億ドルを投資する見通し。

別の関係筋は、ソフトバンクの提示額について、投資家の想定通りとの見方を示した。

ピッチブックのデータによると、ソフトバンクの提示額は2015年当時のウーバーの企業評価額に近い。当時の評価額は510億ドル、1株当たり40ドル弱だった。

エクイティー・ゼンの創業者フィル・ハスレット氏は、ウーバーが2019年の新規株式公開(IPO)を計画していることを踏まえれば、ソフトバンクの提示額は、大幅なディスカウントだとの見方を示した。

ウーバーは先に、昨年のハッカー攻撃でユーザー約5700万人の個人情報が流出していた問題について、公表前にソフトバンクに報告していたと明らかにしている。

ソフトバンクの提示額については、ブルームバーグが最初に報じた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。