日本経済のパースペクティブ 脇田成著

日本経済のパースペクティブ 脇田成著

基礎的な経済データとモデルを使って、相互依存関係にある日本経済の見取り図を平明に整理して描き出した概説書。マクロ経済変動をもたらすトレンドとサイクルをベースに、ミクロ構造の動きを加えて、日本経済の過去(主に小泉改革以降)、現在、そして近未来まで、そのポイントをダイナミックにとらえる。同書によれば、日本経済は意外にシステマティックに動いており、この間の動きが経済学の簡単なモデルでかなり説明できる。

真骨頂は「失われた10年」の原因分析。まず日銀の低金利政策が病巣を拡散させ、企業の含み資産の存在や、メインバンク制衰退により弱まった企業ガバナンスが誤った政策対応とともに不良債権処理の先送りを助けた。その「しわよせ」を受けた家計で所得も消費も増えず、拡大は輸出・投資から所得・消費へ波及せず、その結果、成長率の中期トレンドが引き下げられる様子が見事に解析されている。コラムも秀逸。

有斐閣 2625円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。