日本の北朝鮮ファンクラブ「先軍女子」の正体

若い日本女性が手作り衣装でパフォーマンス

 11月2日、北朝鮮のガールズバンド「モランボン楽団」に興味を抱いた若い日本女性が「先軍女子」というグループを結成し、そっくりの手作り衣装でパフォーマンスを披露している(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 2日 ロイター] - 軍服姿でポップな楽曲を演奏し、北朝鮮国民の心をわしづかみにするガールズバンド「モランボン楽団」。だが彼女らに魅せられたのは国内のファンだけではないようだ。

同楽団に興味を抱いた若い日本女性が「先軍女子」というグループを結成し、そっくりの手作り衣装でパフォーマンスを披露している。

手作り衣装でパフォーマンスを披露している(2017年 ロイター/Toru Hanai)

リーダーを務めるのは、20代の日本人女性、チュヌンさん。大学で美術の勉強をしている際に北朝鮮のプロパガンダアートに触れ、北朝鮮の文化に興味を抱き始めたのだという。だが興味の対象はあくまでも文化的なもので、北朝鮮体制の支持者ではないとしている。

「Kポップが好きで韓国文化を愛好している女の子がいたり、米国のテイラー・スウィフトが好きでそういうメイクをしている女の子がいたりするのと同じで、私たちはただ北朝鮮の文化が好きなだけ」と語るチュヌンさん。

北朝鮮風のニックネームをつけている(2017年 ロイター/Toru Hanai)

国連の制裁措置にもかかわらず核・ミサイル発射実験を強行する北朝鮮に対しては日本でも強硬措置を求める声が広がっており、日本において同国に好意的な見解表明することは、それだけで批判を呼ぶことが多い。

ソーシャルサイト上で様々な嫌がらせにあっているというチュヌンさんは、家族を守るため、自ら北朝鮮風のニックネームをつけて、本名は公開していない。

それでも、チュヌンさんと先軍女子のメンバーは北朝鮮について語り合い、次のステージのためにダンスの練習に励んでいるという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT