グローバルエリート、ももクロを徹底分析!

グローバルエリート×スーパーIT灘高生対談1

地下アイドルと地上アイドルの差

ムーギー: じゃあ、オタク層で終わるアイドルと、一般マーケットに拡大できるアイドル、この違いは何?

Tehu: 地下アイドルと一般アイドルですね。

ムーギー: 地下アイドルと地上アイドルの差にあるのは何なん?

Tehu: 基本的にはメディア露出ですね。メディア露出しないアイドルは、自分から探しに行かないと見つけられないじゃないですか。

ムーギー: でも、みんなメディア露出したいわけで、それができる人とできへん人って何があるの? いっぱいいるアイドルと差別化して、「うちはこんなに面白いコンセプトがあるんです」みたいなのを打ち出すわけでしょ?

Tehu: 打ち出します。でも、そんなアイドルは世の中にゴマンとありましてですね。実際、東京都だけでアイドルグループは数百あるんです。

ムーギー: 数百も!

Tehu: 全国ご当地アイドルグループがたくさんございまして、正直、あんまりかわいくない子でも普通にアイドルをやっています。

ムーギー: そんなにあるなかで君がAKBじゃなくてももクロやと、なだクロまでやろうと思うほど入れ込んだモモクロのコアバリューは何? 君のハートをつかんだのは何なわけ?

Tehu: ボクはなんというか、その姿、熱さです。

ムーギー: 熱さ。やっぱり全力感に。

Tehu: そうです。それをオマージュしようとして、なだクロを企画プロデュースしたんですが、いかに本気感を出すかにこだわりました。公開した18分間の映像も、前後にコンピューターグラフィックスを3分間くらいつけて、かなりそこは本気感満載で。「われわれはこれを本気でやっているんですよ」っていうのを出したんです。その時点で、ももクロファンからの攻撃がほとんどなくなりました。

ムーギー: これね、これがコンセプトやねん。つまり何かにつけて、だるがったり、めんどくさがったり、本気でやるのがカッコ悪いと思われがちな時代が続いたなかで、かわいらしい女の子が本気でがんばっている。なんか怠惰な暮らしをしている自分と対比して、あんな若い子でもがんばってんねんからってことで、刺激を受けてるんやろうね。

(撮影:尾形文繁)

──続きは10月17日(木)に公開します 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング