字がヘタな人がわかっていない基本中の基本

ポイントを押さえれば大人らしい字は書ける

ただ真っすぐな線を書くと、どうしても子どもっぽい印象を与えてしまいますが、「斜め45度」の打ち込みを入れるだけで、力強い線になり、存在感のある漢字が書けるようになります。

漢字の「十」や「木」などの字で比べてみると、その差は歴然となります。この打ち込みをマスターするだけでも、大人っぽい雰囲気に変化するのです。

「一」「二」「三」をマスターせよ

ヨコに長い線を使った漢字はいくつもありますが、その線はほとんど1本から3本で、よく漢字を見てみると、実は漢字の一、二、三が使われていることがわかります。

たとえば、「上」なら1番下に一が。土には、二が。生には、三が使われていますね。

「字を書くのが苦手」という方は、横線のバランスを崩してしまいがちですが、多くの漢字に使われている一、二、三をマスターしてしまえば、かなりの数の漢字が一気に上達します。

一は、少し弓なりに反らせると、大人らしい文字に。

二は、1画目を少し上へ抜けさせてください。

三は、二の真ん中にまっすぐ線を引くイメージです。

次ページ一筆箋は本当に喜ばれる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。