妊婦を殺害して胎児を奪った男女2人を逮捕

ブラジルアマゾンの奥地に誘い出して犯行

[24日 ロイター] - ブラジルの警察は、妊婦を絞殺した上、被害者のお腹を切り裂いて子宮から胎児を奪ったとして、男女2人を逮捕した。地元メディアが報じた。

逮捕されたのはAlex da Silva Carvalho容疑者(18)とQueila Santana da Silva容疑者(22)の2人。被害者の女性(20)とは顔見知りで、アマゾンの奥地に誘い出して犯行に及んだとみられる。

子供がほしかったため犯行を計画

容疑者2人は新生児とともにボートに乗り逃走を図ったが、イタピランガで下船したところを拘束された。

警察の取り調べに対し2人は容疑を認めており、容疑者の女は子供がほしかったため犯行を計画したと述べた。

新生児は病院に搬送された後、おばのもとへ預けられた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
RIZAPがプロ経営者招聘<br>目指すは「会社の肉体改造」

経営のプロ、松本晃・カルビー前会長がRIZAPグループCOOに。自身の息子と同年齢の創業社長との異色タッグで成長にコミット。M&Aで事業規模を急拡大してきた同社は変わるのか?