会社を潰す社長の「ダメな口ぐせ」ワースト5

会社の未来は「経営者の言葉」ですぐ分かる

中小企業の人材育成では、「回数(量)」がものを言う。たくさんのことを教えるよりも、1つのことを繰り返し教えることが大切です。社員から、「また同じことを言っている」といわれている社長は、一流の社長です。

ダメな口ぐせ⑤「社長の力量は、人間力で決まる」

『絶対会社を潰さない社長の口ぐせ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

最近は「親の仕事を継ぎたくない」という人が増えて、中小企業がどんどん減ってきています。先日、私のところにもこんな相談がありました。「親父が『家業を継げ』と言ってきたが、その気はない。親の仕事を継がないで済む方法はないだろうか……?」。

私は「簡単な方法がある」と答え、断り方を伝授しました。どんな方法だと思いますか?

「父親に会社の決算書を見せてもらう」という方法です。「決算書」は、「社長の通信簿」です。

決算書には、経常利益と収益力、売上高と経費のバランス、内部留保と資金繰りなど、会社の実態が「数字」で見える化されています。つまり、社長がどのような経営をしているのかが数字に集約されている。社長の力量は人間力などではなく、決算書でわかるのです。

「通信簿の成績が悪い(業績が悪い)」社長は、決算書を見せたがりません。だから、「見せないなら継がない。成績が悪ければ継がない」と言えばいい。会社の業績がよければ、息子から「会社を継がせてほしい」と言う。

結果的に、息子は、会社を継ぐことになりました。といっても、父親の成績がよかったからではありません。「決算書を見せるから社長になれ」と切り返した父親は、決算書を見せただけでなく、息子が絶対に逃げられないように手を打ちました。社長になるとき、家を1軒プレゼントした。銀行から借入をする際、息子に自宅の借入と会社の借入にハンコを押させ、保証人に仕立てた。

会社の保証人にもなった息子は、覚悟を決めてやらざるをえません。父親のほうが一枚上手で、息子はツメが甘かった。タネ明かしをすると、父親に入れ知恵をしたのも、実は私だったのですが……。

新規の銀行から、「決算書を3期分見せてください」「関連会社の決算書も見せてください」と言われたら、「貸す気がある」ということです。なぜ「3期分」なのかというと、不正を見逃さないためです。会社は、1期2期なら数字をごまかすことができても、3期連続で粉飾決算するのは難しい。ですから、3期分の決算書を分析すれば、人間力といったあやふやなのでなく、その会社の実態(=社長の実力)がわかるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT