ローマコロッセオ最上階席、40年ぶりに公開

4階席と最上階のテラスに続く通路を修復

 10月18日、イタリアの首都ローマにある世界遺産の円形闘技場コロッセオで、最上階となる5階席が改修され、40年ぶりに一般に公開される。17日撮影(2017年 ロイター/Max Rossi )

[ローマ 18日 ロイター] - イタリアの首都ローマにある世界遺産の円形闘技場コロッセオで、最上階となる5階席が改修され、40年ぶりに一般に公開される。

地上40メートルの高さにあり演目をみるには遠すぎるため、動物や人間の戦いが行われた古代ローマ時代には、貧しい平民が座る席だった。

公開される5階席は、少人数のガイド付きツアーに開放される。ここからは、コロッセオのほか、フォロ・ロマーノの遺跡や、皇帝が住んだパラティヌスの丘も見渡すことができる。

今回の改修では、4階席と最上階のテラスに続く通路も修復された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。