ローマコロッセオ最上階席、40年ぶりに公開

4階席と最上階のテラスに続く通路を修復

 10月18日、イタリアの首都ローマにある世界遺産の円形闘技場コロッセオで、最上階となる5階席が改修され、40年ぶりに一般に公開される。17日撮影(2017年 ロイター/Max Rossi )

[ローマ 18日 ロイター] - イタリアの首都ローマにある世界遺産の円形闘技場コロッセオで、最上階となる5階席が改修され、40年ぶりに一般に公開される。

地上40メートルの高さにあり演目をみるには遠すぎるため、動物や人間の戦いが行われた古代ローマ時代には、貧しい平民が座る席だった。

公開される5階席は、少人数のガイド付きツアーに開放される。ここからは、コロッセオのほか、フォロ・ロマーノの遺跡や、皇帝が住んだパラティヌスの丘も見渡すことができる。

今回の改修では、4階席と最上階のテラスに続く通路も修復された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。