「働き方改革」で何が変わるのか実践してみた

時間に余裕ができたら消費は増えるのか

個人の平日の主な行動パターン によると、個人消費の増加に期待がかかる「買い物」は午前中に行う割合が最も高いが、夕方以降にも山がある。

また、「交際・付き合い」も夕方から夜にかけて増える傾向があるため、働き方改革によって平均退社時間が前倒しになれば、消費を拡大する素地が整う面はあるだろう。

総務省によると、個人の行動は睡眠、食事など生理的に必要な活動である「1次活動」、仕事、家事など社会生活を営むうえで義務的な性格の強い活動である「2次活動」、これら以外の活動で各人の自由時間における活動である「3次活動」に分類できる。

それぞれの活動分類の中で、個人が消費を行う割合が高いとみられるのは「3次活動」だが、これも平日は夕方から夜に行動者率が上昇する傾向がある。

「個人消費増加」につながるとは限らない

働き方改革によって消費を拡大する素地が整ったとしても、実際に消費を増やすとは限らない。

内閣府の「国民生活に関する世論調査(平成29年6月調査)」によると「自由時間が増えた場合にしたいこと(複数回答)」のうち最も回答率が高かった項目は「旅行」(47.0%)であったが、これは平日の働き方改革だけでは需要を満たすことは難しい。

次に回答率が高かった項目は「趣味・娯楽(趣味活動、鑑賞、コンサート、スポーツ観戦など)」(34.8%)であり、消費の増加に期待を持たせる結果となった。

次ページ筆者と同僚の実験結果
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT