「働き方改革」で何が変わるのか実践してみた

時間に余裕ができたら消費は増えるのか

個人の平日の主な行動パターン によると、個人消費の増加に期待がかかる「買い物」は午前中に行う割合が最も高いが、夕方以降にも山がある。

また、「交際・付き合い」も夕方から夜にかけて増える傾向があるため、働き方改革によって平均退社時間が前倒しになれば、消費を拡大する素地が整う面はあるだろう。

総務省によると、個人の行動は睡眠、食事など生理的に必要な活動である「1次活動」、仕事、家事など社会生活を営むうえで義務的な性格の強い活動である「2次活動」、これら以外の活動で各人の自由時間における活動である「3次活動」に分類できる。

それぞれの活動分類の中で、個人が消費を行う割合が高いとみられるのは「3次活動」だが、これも平日は夕方から夜に行動者率が上昇する傾向がある。

「個人消費増加」につながるとは限らない

働き方改革によって消費を拡大する素地が整ったとしても、実際に消費を増やすとは限らない。

内閣府の「国民生活に関する世論調査(平成29年6月調査)」によると「自由時間が増えた場合にしたいこと(複数回答)」のうち最も回答率が高かった項目は「旅行」(47.0%)であったが、これは平日の働き方改革だけでは需要を満たすことは難しい。

次に回答率が高かった項目は「趣味・娯楽(趣味活動、鑑賞、コンサート、スポーツ観戦など)」(34.8%)であり、消費の増加に期待を持たせる結果となった。

次ページ筆者と同僚の実験結果
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。