各駅停車「新幹線こだま」特急料金は妥当か 通過待ちばかり、所要時間長く本数も少ない

印刷
A
A

ここで疑問に思うのはなぜ東京―新大阪間でひかりより1時間も遅いこだまの特急料金がひかりと同じなのかということだ。ひかりより約20分速いという理由で当初950円高く設定し、現在も310円高いのぞみの料金のことを考えると、こだまの特急料金はひかりよりかなり安くすべきと感じる消費者は多いだろう。

こだまに乗っているとやたらと停車時間が長い。各駅停車なのだから所要時間が長いのは当たり前だが、ひかりやのぞみの通過待ちが頻繁にあり、明らかにそれらの速達性の犠牲になり、所要時間が長くなっている。しかも冒頭で述べたようにのぞみ優先のダイヤとなり、こだましか利用できない区間での利便性はかなり劣る。

車内サービスでも劣る「こだま」

新幹線300系。速達タイプ「のぞみ」時代の幕開けとなった車両だ(撮影:今井康一)

さらに、より快適性が改善されている新型車の導入はまず、のぞみから導入され、こだまには「お古」があてがわれることも多いし、現在、こだまには車内販売はいっさいなく、車内に自動販売機もない。短距離客には不要ということかもしれないが、前述の熱海―新大阪間を例に取れば3時間近くかかる。こだまでも車内販売は必要なサービスなのではないか。途中駅で停車時間がたっぷりあるからホームに出て買えということか。

JR東海もこだまの割高感は認識しているのだろう。JR東海系の旅行会社・JR東海ツアーズは、通常料金の2~3割引でこだまに乗れる「ぷらっとこだま」を販売している。しかし、これは募集型企画旅行商品であり制限がかなり多い。販売は乗車日前日までであり、設定のない区間・列車もある。

現在の新幹線の特急料金は在来線の特急料金よりかなり高い。新幹線はかつて「夢の超特急」といわれたことを考えれば、「超特急料金」といってよい。しかし、現在のこだまの速達性はそれに見合っていないと筆者は感じる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT