トランプ政権を悩ませる側近たちの「素行」

今度はモラー特別捜査官が詰め寄っている

ロバート・モラー氏は、民主党、共和党の両政権でFBI長官を務め、党派を超えた尊敬を集めている人物だ(写真:Joshua Roberts/ロイター)

米大統領選挙時のトランプ陣営とロシアの癒着をめぐる疑惑で9月中旬、捜査を指揮するモラー特別検察官がある記録の提出を求め、ホワイトハウスが凍り付いた。司法妨害容疑に基づくドナルド・トランプ米大統領の立件につながってもおかしくない記録だったのだ。

トランプ氏は米国連邦捜査局(FBI)長官だったコミー氏に、フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)に対する捜査の手を緩めるよう求めていた。

刑事訴追の可能性が生じているのは

その後、トランプ氏はコミー氏を解任するが、ニクソン元大統領がウォーターゲート事件で学んだように、大統領が検察官をクビにするのは賢いやり方ではない。コミー氏を解任したことで、トランプ氏はモラー氏と対峙することになった。民主党、共和党の両政権でFBI長官を務め、党派を超えた尊敬を集めている人物だ。

モラー氏の捜査によって刑事訴追の可能性が生じたのは、トランプ氏だけではない。元選挙対策本部長のポール・マナフォート氏、娘婿のジャレッド・クシュナー氏も視界に入っている。

次ページくすぶるロシア疑惑
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。