トランプ政権を悩ませる側近たちの「素行」

今度はモラー特別捜査官が詰め寄っている

モラー氏は大統領選におけるクシュナー氏の活動に加え、同氏の大規模な不動産ビジネスにも関心を持っている。クシュナー氏は父親と巨額の借り入れを行って、ニューヨーク市5番街666番地の豪奢(ごうしゃ)な不動産を購入。しかし、借金返済に行き詰まり、プーチン大統領に近いロシアの銀行などから融資を引き出そうとしていた。

一方のマナフォート氏は、ロビイスト、政治コンサルタントとして世界中の独裁者を支援してきた人物だ。悪名高き顧客の中には、親ロシア派のヴィクトル・ヤヌコビッチ元ウクライナ大統領の名前もある。

トランプ氏の息子の「疑惑」は

租税回避地に隠された財源や資金洗浄容疑を含め、捜査チームはマナフォート氏の世界を股に掛けたビジネスを詳細に洗っている。圧力を加えるべく、モラー氏は夜明け前の時間帯にマナフォート氏の自宅に家宅捜索を仕掛けてさえいる。

トランプ氏の息子ジュニア氏については、ロシア政府と親密なロシア人弁護士との間で行われたトランプタワーでの会談が焦点だ。ロシア人弁護士はヒラリー・クリントン氏に打撃を与える情報の提供を申し入れ、喜んだジュニア氏は「最高だ」とメールで応じていた。

モラー氏は、自身が納得するまで捜査を継続するだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。