外食大手が昭和レトロ「横丁」を手掛けるワケ

コロワイドや大庄などが次々と開業している

「みたかドラム缶横丁」の店内。手書きメニューがぶら下がっている(記者撮影)

これら新業態の店を横丁形式に集めた店も出店した。2016年6月、横丁1号店となる「旭日食肉横丁」を東京・立川に出店、同年11月には「みたかドラム缶横丁」を東京・三鷹に出店した。それぞれ、横丁出店前は単一業態で営業していた立地だ。

たとえば三鷹の横丁は「日本海庄や」からの転換だ。日本海庄や時代と比べ、宴会需要がなくなったため客単価は下がったが、客数が増えたため売上高は転換前比2~3割増で推移しているという。10月初旬には肉業態ばかり5つを集めた「新宿名店横丁」を開業した。

訪日観光客の取り込みも

「みたかドラム缶横丁」にある羊肉店。内装がレトロ(記者撮影)

たこ焼き店「築地銀だこ」などを展開するホットランドも横丁業態に取り組んでいる。10月11日、常設の横丁業態としては初めてとなる「浅草 三ちゃん横丁」を東京・浅草にオープンする。

鉄板焼、もつ焼、天ぷらなど4つの新業態を集めた。東京五輪が開催される2020年に向けて、訪日観光客も取り込んでいきたい考えだ。過去に東京の浜松町、五反田で営業していた「築地銀だこ ハイボール横丁」では、既存業態に比べ客のリピート率が高かったという。

これまで業界では、苦戦の目立つ総合居酒屋を専門性の高い業態へ転換する動きが活発だった。今後はこうした専門業態を複数組み合わせた横丁形式の出店も、新たな選択肢となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。