希望の党「公認候補リスト」の残念すぎる面々

「野党共闘派」が残存、「身内候補」を優遇…

東京24区(八王子)は安倍晋三首相の側近である萩生田光一自民党幹事長代行の地元。ここに希望の党が擁立したのが吉羽(よしば)美華氏だ。

吉羽氏は自民党の谷川とむ前衆議院議員の前妻で、寝屋川市議を務めたことがある。昨年の阪南市長選にも出馬した。離婚原因は、DVとも、「結婚の条件が吉羽氏が家庭に入ることだったが、選挙に出たい吉羽氏はそれでおさまらなかった」とも言われている。

萩生田氏と谷川氏はともに同じ清和政策研究会に所属している。小池知事もかつて同派閥に所属していたため、人間関係については熟知しているはず。にもかかわらず、「仲間の元妻」を対立候補にあてがうのはすっきりしないやり方だ。

小沢鋭仁元環境相が維新に離党届

東京24区西隣の25区には、鳩山内閣で環境相を務めた小沢鋭仁(さきひと)前衆議院議員が出馬する。小沢氏は日本維新の会から山梨1区で公認候補に内定していたが、維新に離党届を出した上での合流だ。

2011年、歴代環境相がスーパークールビズをアピール。左端が小池百合子氏、右から2番めが小沢鋭仁氏(写真:AP/アフロ)

小沢氏は1996年に結党された旧民主党のオリジナルメンバーであったにもかかわらず、2012年の衆院選では日本維新の会に合流。南関東ブロック単独1位をゲットした。

この時、小沢氏は選挙区である山梨1区では勝てないと見込み、橋下徹代表(当時)に“因果を含んで”頼み込んだという。2014年の衆院選では、山梨1区を捨てて近畿ブロックで単独1位をゲット。“よそ者”の侵入に復活当選を逃して次点となった椎木保前衆議院議員は「小沢を殴ってやりたい」と周囲に漏らしている。

東京25区は小沢氏の地元である山梨に近いが、比例復活できる票を確保できるのかは不明。自民党の井上信治前衆議院議員が安定的に強い選挙区である。

次ページ選挙事務は停滞
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。