トヨタ流「成果が出る」最強の習慣トップ3

うまくいかないときは仕事を止める!

標準を作成することは、問題を見えやすくするだけでなく、仕事をやりやすくし、確実に成功させるためにも必要なことなのです。

習慣③仕事を3つに分ける

『仕事の生産性が上がる トヨタの習慣』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ひと口に「作業」といっても、付加価値を生む作業と、付加価値を生まない作業が存在します。そこでトヨタでは作業を、①正味作業、②付随作業、③ムダの3つに分けて考える習慣があります。

①正味作業とは、まさに付加価値を高める作業のこと。生産現場でいえば、材料や製品を加工したり、部品を組み立てたりといった作業が該当します。オフィスワークでいえば、企画立案時に、パソコンに向かって企画書を書く作業は、付加価値を生んでいるので正味作業といえます。

②付随作業は、付加価値を直接生むことはないけれど、今の作業条件のもとでは必要不可欠な作業のこと。生産ラインでいえば、部品の梱包を解いたり、部品を取り出したりといった行為が、付随作業に当たります。オフィスの場合、企画書を作成するために情報収集をするのは付随作業といえるでしょう。現在は必要不可欠な作業であっても、うまく工夫をすれば、ムダとして取り除けるのも、付随作業の特徴です。

③ムダは、その名のとおり、必要のないものです。トヨタにおけるムダとは、「付加価値を高めない現象や結果」のこと。生産現場では、「付加価値を生まず、原価のみを高める生産の要素」をムダとしています。たとえば、部品が届くのを待っている手待ちの時間や、何度も部品や工具を取りに行くこともムダです。

トヨタでは、作業改善をするときに、まずは作業の1つひとつを、①正味作業、②付随作業、③ムダの3つに分解することが習慣になっています。

「この作業は何のためにしているのか」と自問自答をしたうえで、自分の仕事を3つに分類してみます。そして、浮かび上がってきたムダを徹底的に省いていく。そうすることで、仕事のスピードと質がアップするだけではなく、ムダのない付加価値の高い仕事に生まれ変わります。

たとえば、企画書をつくるときも、内容の確認をするために上司を探しまわったり、ほとんど読まれない添付資料をつくったりといったムダを省くことで、仕事の価値を高めることができます。ぜひみなさんも自分の仕事を3つに分けてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。