一流の男が「美容」におカネを惜しまないワケ

フケ・耳毛・鼻毛は想像以上に見られている

清潔感が大事です(写真 : Naypong / PIXTA)
“エグゼクティブ・ビジネス・パーソンは見た目が100%! 水分量が少なく皮脂量が多い、連日のひげそりで傷んでいる、といったメンズ肌の特徴に合わせたスキンケアは必須です”
~デュボワ氏 エステサロンのオーナー~

 

先だって、エマニュエル・マクロン大統領のメークに3カ月で340万円とのニュースが入ってきました。そればっかりじゃない、就任早々の人気沸騰も冷めて、最近の凋落はパリも秋が来たというところかもしれません。
背広にはおカネをかけなくても(フランスが4万円スーツの大統領にお熱の訳)、メークはしっかりキメていたってことですかね。フランソワ・オランド元大統領も少ないヘアにカネをかけていた、ニコラ・サルコジ元大統領だって実は塗りまくっていたとか? 昨今の大統領たちのヘア&メーク浪費ぶりもあらわになって、ほんとびっくりです。

よその国のことですし、一国のプレジデントなのです。金額こそ大きく感じますが、より美しく身だしなみを整えるのは義務ともいえますものね。ブゥブゥ言うことではありません。ただし、贔屓(ひいき)のマクロンには一言。「あなたはまだ若いのだから、素の若さのほうが強みなのよ。あなたが今あるのは妻のブリジットのおかげかもしれないけど、お化粧まで教えてもらう必要はないでしょう」とね。

ネイルの手入れ、脱毛…エグゼクティブは大変!

洒落者のパリジャンは、この20年で変わりました。フェースクリーム、シェービングクリーム、アフターローションあたりで済ませていたのが、外見で中身までも査定するアメリカ風にすっかり染まってしまいました。ことにビジネスマンのエグゼクティブたちは大変みたい。ネイルの手入れと脱毛――胸・背中・手足のムダ毛には気を使っています。ヒゲを脱毛する向きもいますが(パリで女子に不評な「無精髭」が流行る理由)、これはパートナーの好き好きで変わります。

パリのエステサロンのほとんどがメンズメニューを導入済みです。お客さんの2~3割、多くて半数がメンズといったところでしょうか。サロンのカップル用キャビネットは常設が当然ですし、メンズ専門エステもちゃんとあります。

次ページ野性味ムンムンのちょいワル親父は前世紀の遺物
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT