ラスベガス銃乱射事件、50人以上死亡の惨事

数千人が訪れていた音楽フェスで

米ネバダ州ラスベガスで行われていた音楽フェスティバルで銃撃事件があり、50人以上が死亡、400人超が負傷。地元警察が明らかにした。写真は1日撮影(写真:ロイター/Las Vegas Sun/Steve Marcus)

米ネバダ州ラスベガスで10月1日に開かれたカントリー・ミュージックのフェスティバルの銃乱射事件で、少なくとも50人が死亡、400人以上が負傷した。容疑者は警察によって射殺された。

ラスベガス署のジョセフ・ロンバルド保安官によると、容疑者はラスベガス在住の男性で、銃撃は単独で行った。が、当局は容疑者と一緒に行動していたとみられるアジア人女性を探しているという。

同地域では複数の銃撃が行われているとのうわさも出ていたが、警察当局はこれを否定した。乱射現場では、非番の警察官も犠牲にあったと見られている。

午後10時45分ごろ発砲が始まった

目撃者によるSNSへの投稿によると、乱射事件はラスベガスで3日間にわたって開かれていた「ルート91ハーベスト・フェスティバル」で発生。人気アーティストのエリック・チャーチ、サム・ハント、ジェイソン・アルディーンなどが出演する同フェスティバルのチケットは完売しており、会場には何千にもの観客が訪れていたという。

写真は1日撮影(写真:ロイター/Las Vegas Sun/Steve Marcus)

フォックスニュースなど米メディアによると、オールディーンが演奏していた現地時間10時45分ごろに銃撃が始まった。同フェスティバルは、マンダレイ・ベイリゾート・アンド・カジノの屋外で開かれており、アルディーンは無事にステージ奥に避難したという。CNNによると、出演アーティストは全員無事だった。

ラスベガスは、カジノやショッピング、エンターテインメントが楽しめる国際的なリゾート地として知られている。警察は、容疑者の詳しい身元や動機については明らかにしていない。

2015年11月には、パリのバタクラン劇場で開かれたロックコンサートで乱射事件が発生し、89人が死亡した。このときは、パリの複数カ所でテロが発生し、あわせて130人が死亡した。

(執筆:Alison Williams記者、編集:Ed John Stonestreet and Frank McGurty)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT