あのダイソンが2020年までにEVを発売へ

1990年代からの野望、20億ポンドを投資

 9月26日、掃除機などで知られる英家電大手ダイソンの創業者ジェームズ・ダイソン氏は、同社が電気自動車(EV)の開発を進めており、2020年までに発売したいとの考えを明らかにした。ジュネーブで6月撮影(2017年 ロイター/Denis Balibouse)

[ロンドン 26日 ロイター] - 掃除機などで知られる英家電大手ダイソンの創業者ジェームズ・ダイソン氏(71)は26日、同社が電気自動車(EV)の開発を進めており、2020年までに発売したいとの考えを明らかにした。

自動車メーカー大手と連携する可能性は排除

ダイソン氏は、EVに生かされるバッテリー技術や電気モーターの開発に20億ポンド(27億ドル)を投じる計画を表明。

すでに400人のエンジニアで構成するチームがここ2年半ほど、開発を進めているという。

車台のデザインや生産場所などは決まっていないとしたほか、自動車メーカー大手と連携する可能性は排除した。

ダイソン氏は、EV開発は「1998年から私の野望だった」とし、ダイソンがこれまでもバッテリー技術や電気モーターの開発に注力してきたことを強調した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT