あのダイソンが2020年までにEVを発売へ

1990年代からの野望、20億ポンドを投資

 9月26日、掃除機などで知られる英家電大手ダイソンの創業者ジェームズ・ダイソン氏は、同社が電気自動車(EV)の開発を進めており、2020年までに発売したいとの考えを明らかにした。ジュネーブで6月撮影(2017年 ロイター/Denis Balibouse)

[ロンドン 26日 ロイター] - 掃除機などで知られる英家電大手ダイソンの創業者ジェームズ・ダイソン氏(71)は26日、同社が電気自動車(EV)の開発を進めており、2020年までに発売したいとの考えを明らかにした。

自動車メーカー大手と連携する可能性は排除

ダイソン氏は、EVに生かされるバッテリー技術や電気モーターの開発に20億ポンド(27億ドル)を投じる計画を表明。

すでに400人のエンジニアで構成するチームがここ2年半ほど、開発を進めているという。

車台のデザインや生産場所などは決まっていないとしたほか、自動車メーカー大手と連携する可能性は排除した。

ダイソン氏は、EV開発は「1998年から私の野望だった」とし、ダイソンがこれまでもバッテリー技術や電気モーターの開発に注力してきたことを強調した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT