トヨタが「スポーツカーで新ブランド」のワケ

“モリゾウ"社長は発表会でドリフトも披露

トヨタはハイブリッド車(HV)などの環境性能や品質で高い評価を得てきたが、走行性能となると独のダイムラーやBMW、アウディといった欧州系と比べブランドの訴求力が弱い。そこで最近は新たな顧客層の獲得を狙い、モータースポーツ分野を強化中だ。

2017年には世界屈指のレースである世界ラリー選手権(WRC)に18年ぶりに復帰。世界耐久選手権(WEC)でも最高峰のクラスをHVで戦っている。こうした活動が効いてスポーツカーの販売では成果が出始めていて、GRシリーズは欧州を皮切りに海外でも展開していく。

モータースポーツでトヨタの壁を壊す

ガズーレーシングカンパニーの友山茂樹プレジデントはGRシリーズを世界展開する考えを示した(写真:梅谷秀司)

組織も改正した。モータースポーツは単なる一部門だったが、今年4月から社内カンパニー「ガズーレーシングカンパニー」に昇格。企画や開発、設計などを統合し、レース活動での知見を生かした市販車作りを目指す。

友山プレジデントは「レースが人を鍛え、車を鍛える。市販車にどれだけ落とし込めるか挑戦する」と抱負を述べたうえで、「トヨタの壁を壊すのが使命。ガズーレーシングは変革と挑戦の旗印であり、新しい時代に向けたトヨタの新たな挑戦がここから始まる」と鼻息は荒い。モータースポーツ活動は莫大な資金がかかるため、業績次第で撤退する会社も多いが、トヨタは永続的な活動として展開していく方針だ。

お披露目された「86“GR”」。「ファン・トゥー・ドライブ」で新たなファンを開拓できるか。新ブランド「GR」の展開に注目が集まる(撮影:梅谷秀司)

もっとも足元では100年に一度の転換期を迎えている自動車業界。電気自動車や自動運転、コネクテッドカーなどの発表が相次ぎ、ITなどの異業種からも参入が絶えない。走行性能から移動するための総合的なモビリティサービスに競争の軸足が移りつつある。そういった意味では”逆張り”ともいえるトヨタの新たなモータースポーツ戦略はどこまで支持を広げられるか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT