トヨタが「スポーツカーで新ブランド」のワケ

“モリゾウ"社長は発表会でドリフトも披露

会見でガズーレーシングカンパニーの友山茂樹プレジデントは「GRブランドは完成車に後から手を加えるのではない。生産工程の中にGR専用のチューニング工程を組みこみ、生産ラインで車体周りから剛性を強化する、いわゆるファクトリーチューニングだ。高品質で低価格のスポーツカーを提供していく」と話した。

価格は「ヴィッツGRスポーツ」が208万7640円から。同じベースで比較可能なモデルでは、「ヴィッツハイブリッドGRスポーツ」がベースの「ヴィッツハイブリッドU」に対して、24万1920円高い232万9560円だ。量販モデルは手軽にスポーツカーを楽しみたい消費者を取り込もうと、抑えめの価格設定だ。

豊田社長も「ファン・トゥー・ドライブ」をアピール

発表会では豊田社長自らスポーツカー「86」のハンドルを握り、ドリフト走行を繰り返すパフォーマンスまで披露した(写真:Yoshio Tsunoda/AFLO)

トヨタがスポーツブランドの強化で狙っているのは、団塊世代を中心とした車好きへの購買喚起と車離れしているとされる若年層の新規開拓の両方だ。

この日のイベントでは、豊田社長自らが「86」のハンドルを握り、タイヤをきしませながらドリフト走行を何度も繰り返してみせ、トヨタが掲げる「ファン・トゥー・ドライブ」を必死にアピールした。

豊田社長は新ブランド「GR」で車好きの購買層と若年層の両面で開拓を進める考えだ(撮影:梅谷秀司)

豊田社長は「車は便利な移動手段と考える人が多数だが、そんな中でも俺ってクルマ好きとアピールできるのが今回のモデルだ。両方のお客様をあえて満足させたい」と話す。

顧客との接点をできるだけ増やすため、「町いちばんの楽しいクルマ屋さん」をコンセプトにスポーツカーを軸にした販売店「GRガレージ」を今年度中に全国に39店舗オープンさせるほか、ファンイベントも増やしていく考えだ。

次ページGRシリーズの海外展開は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT