バブルは「鶴の一声」で、ある日突然崩壊する

ビットコイン価格暴落は何かのサインなのか

【8月30日 水曜日】午前5時半、日経225先物は、90円高の1万9470円、NYダウは、56ドル高の2万1865ドル。日経平均は、143円高の1万9506円と反発。

【8月31日 木曜日】14時11分、ビックカメラ子会社のコジマが、27円高の409円を付け、年初来高値を更新した。終値は、23円高の405円。業績もまずまずなので、10月の本決算発表が楽しみだ。日経平均は、139円高の1万9646円と続伸。

【9月1日 金曜日】日経平均は、45円高の1万9691円と3日続伸で、週間では7週ぶりの反発。21時43分、米8月雇用統計は、15万6000人増と市場予想をやや下回る。

【9月2日 土曜日】午前5時半、日経225先物は、20円高の1万9710円。NYダウは、39ドル高の2万1987ドル。

利回りは4%弱?日本郵政株を買ってみようかな

【9月4日 月曜日】日本郵政(6178)は、30円安の1341円で寄り付き、45円安の1326円で引けた。先週末、財務省が保有する日本郵政株の追加売却を9月中にも行う方針であると報じられたからだ。

日本郵政は、年間50円(9月末と3月末に各25円)の配当をしており、月内にもといわれているので、おそらく、売り出しで買えばすぐに、9月末の25円配当がもらえるのではないかと思われる。2015年11月の時の売り出し価格は、1株1400円だったので、2回目の売り出し価格は、このままであれば、若干安くなりそうだ。

仮に1300円だとすると配当利回りは、3.84%となる。売却によって得た資金は、東日本大震災の復興財源に充てる計画であるので、復興支援の気持ちで、1万5000株ほど購入しようかと思っている(申し込んでも全部当たるかどうかはわからないが)。売り出しはないが、かんぽ生命(7181)は、39円安の2345円、ゆうちょ銀行(7182)は、28円安の1374円と下げる。昨日行われた、北朝鮮の6回目の核実験の影響で、日経平均は、183円安の1万9508円。

【9月5日 火曜日】午前5時半、日経225先物は、60円高の1万9530円、NYダウは、レイバーデーの祝日のため休場。日本郵政は、44円安(3.31%)の1282円と下げがきつい。

売り出しが決まると、値決めの日辺りまで下げることも多く、個人投資家の空売りが入っているのではないか。日経平均は、122円安の1万9385円と続落だが、中小型銘柄の下げがきつい。引け後、日本経済新聞社は、日経225採用銘柄の定期見直しで、10月2日から日本郵政、リクルートホールディングス(6098)を新規組み入れ、北越紀州製紙(3865)明電舎(6508)を除外すると発表した。また、ゆうパックは、2018年3月1日から平均12%値上げすると発表した。増収効果は、年間80億円程度を見込むそうだ。

次ページ「バブル崩壊」が始まるとき
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。