ユーロ高・ドル安は、一体いつまで続くのか

米独の金利差では説明できないユーロ高

ドラギ総裁はユーロ高を懸念し、9月7日でもハト派的な姿勢だったが……(写真:AP/アフロ)

9月7日、ECB(欧州中央銀行)は理事会で主要政策金利を予想通り据え置くことを決定した。政策ガイダンスの変更もなかった。

今回の理事会で筆者が最も注目していたポイントは以下の3点で、(1)ECBスタッフによる経済・物価見通しの修正、(2)QE(量的緩和)縮小についてのドラギ総裁のコメント、(3)ユーロ高けん制への言及、であった。

ドラギ総裁のハト派的発言でもユーロが買われる

(1)は、ユーロ高による物価に対する下押し圧力を考慮し、コアHICP(消費者物価)前年比上昇率の見通しを2018年は1.4%から1.3%へ、2019年については1.7%から1.5%へとそれぞれ引き下げた。一方で、足元の景気拡大を考慮し2017年の実質GDP(国内総生産)前年比成長率の見通しを1.9%から2.2%へと大幅に引き上げた。

この連載の過去記事はこちら

(2)に関し、マリオ・ドラギ総裁は「QE に関する多くの事がおそらく10 月に決定されるだろう」「10 月に詳細の準備ができていなければ、決定を延期する可能性もある」と述べるにとどめ、具体策の発表はなかった。

(3)については、ドラギ総裁は「為替レートは政策目標ではないものの、成長やインフレにとって非常に重要だ」と述べ、ユーロ高に対する警戒感を示した。なお、政策金利については、「QE 終了から"well past (かなり後)"まで現在の水準に据え置かれる」との見解が示された。

債券市場ではこれを「ハト派的(金融引き締めに慎重)」と受け止めたようで、ドイツ国債の利回りは大幅に低下。10年債利回りは、一時0.3%を割れる場面もみられた。

一方、これと反対に為替市場ではユーロが上昇。ユーロドルは年初来高値を更新し、1.20ドル台後半まで上昇した。ここのところ、金融政策に関わる報道に対して、為替市場がやや過剰反応する傾向がみられる。

次ページ市場参加者の見方は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT