「ヒカキンが目標」痛いユーチューバーの末路 「自分という商品の売り方」を知らなすぎる

拡大
縮小

「個人の強み」は、「才能」「技術」「知識」の3つの要素のかけ算から成り立っている。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』(マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著) を参考に、著者作成

「才能」は、誰もが持つ先天的な資質である。一方で「技術」と「知識」は、仕事で後天的に身に付けることができる。ヒカキンはヒューマンビートボックスや動画作りに夢中になり、ひたすら磨き続ける一方で、会社員としてもユーチューバーに必要な「技術」や「知識」を身に付けた。

ユキオはどうだったか。「オレは副業で稼ぐ」と会社の仕事では手を抜き、何かを学ぶことはなかった。「技術」や「知識」は、仕事の中でこそ身に付くものだ。「個人の強み」を高めないかぎり、ユーチューバーのような超競争市場で勝てるわけがない。

参考になる、久保田弁護士の事例

では、あなたも稼げるユーチューバーになれるだろうか? 答えはイエスだ。あなたがユーチューバーの仕事に夢中なのであれば、今は「個人の強み」を持たなくても、「面白くて仕方がない」と、今の仕事から「技術」や「知識」を身に付けてあなただけの強みに育て上げることで、きっとユーチューバーになれるだろう。ポイントは「個人の強み」を生かしたうえで、視聴者側のニーズに特化することだ。

人気の弁護士ユーチューバーの久保田康介氏のやり方は参考になる。ITの知識も生かしながら、あらゆる事件に弁護士ならではのコメントを付けるという手法だ。弁護士とITという自分の強みを生かし、相乗効果で圧倒的な差別化をしている好例だろう。ちなみに彼はVALU騒動でのヒカルの対応についても動画でコメントしている。

『「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える』(NHK出版新書 524)。書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

久保田氏もユーチューバーで食っているわけではない。弁護士としての専門の仕事を持っている。ユキオが痛々しく見えるのは、「オレは副業で稼ぐ」と日々の本業をおろそかにしているからだ。「個人の強み」がないところで副業にいくら励んでも、「あなたという商品」へのニーズはない。

「あなたという商品」をどのようにつくればいいのか? 役立つのがマーケティング戦略の考え方だ。マーケティング戦略とは「商品の価値を高める方法」を体系化したものだ。つまりマーケティング戦略の考え方を使えば、「あなたという商品」の価値を高めることができる。あなたに商品力さえあれば、ユーチューバーになれなくても、別の分野で必ず成功できるはずだ。こうした考え方は新刊『「あなた」という商品を高く売る方法』でも説明しているが、マーケティング戦略の専門家として、ぜひみなさんにもマーケティングの理論や戦略を学んでいただきたいと思う。

永井 孝尚 マーケティング戦略コンサルタント

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ながい たかひさ / Takahisa Nagai

慶應義塾大学工学部を卒業後、日本IBMの戦略マーケティングマネージャー、人材育成責任者などを経て、2013年退社。同年、多摩大学大学院客員教授を担当。マーケティング戦略思考を日本に根づかせるため、ウォンツアンドバリュー株式会社を設立。多くの企業・団体へ戦略策定支援を行う一方、毎年2000人以上に講演や研修を提供。2020年からはオンライン「永井経営塾」主宰。著書に60万部超『100円のコーラを1000円で売る方法』シリーズ、15万部超『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』シリーズ(すべてKADOKAWA)など。著書累計は100万部超。

オフィシャルサイト

X(旧Twitter) @takahisanagai

永井経営塾

 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT