アルファロメオ、名車「ジュリア」復活の狙い

来年にはブランド初のSUVも日本で発売へ

アルファロメオ以外にも、フィアットやジープなど複数のブランドを抱えるFCAは近年、ブランド間でプラットホーム(車台)の共通化を進めてきた。2014年発売の小型SUV(スポーツ多目的車)であるジープ「レネゲード」とフィアット「500X」が、プラットホームを共有して開発されたのは記憶に新しい。

しかしアルファロメオは今回のジュリアのために、従来より大型の新プラットホーム「ジョルジオ」を単独で開発した。107年の歴史を持つブランドとしての誇りを尊重しながら、グローバルブランドとしてアルファロメオをテコ入れしようとするFCA本社の意思の現れといえる。

来年にはブランド初のSUVが日本へ

ジュリアの発表の場に突如姿を現した、アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」(撮影:鈴木紳平)

さらに今回の発表の場では、大きなサプライズがあった。アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」が、先代ジュリア、新型ジュリアに並ぶ形で会場でお披露目されたのだ。日本では今後1年以内に発売される予定だ。

ステルヴィオは、ジュリアと同じプラットホームで開発された。アルファロメオを「強靭な女性」と表現したアレサンドロ氏は、この2つを「姉妹車」と位置づける。

ジュリアがドライバーとの一体感や走行性能を重視するのに対し、ステルヴィオは車内の快適性や荷物を積むスペースにもこだわった。サイズはBMW「X5」やポルシェ「カイエン」と同等か、やや大きめ。多くの高級車ブランドが近年こぞってSUVを投入しており、アルファロメオもその流れに乗った格好だ。

「アルファロメオの未来の車が提供するのは、ドライバー中心の走りであり、エンジンの音であり、イタリアンデザインだ」

実はジュリア、ステルヴィオの発表と同じ日、日産自動車の新型EV(電気自動車)「リーフ」の発表会が幕張メッセで大々的に行われた。満を持してのジュリア発表と重なったためだろうか、FCAジャパンのヘグストロム社長は”車の未来はここにあり”と言わんばかりに強調した。

自動運転車やEVの開発機運が高まる中、「走り」にこだわり続けるアルファロメオ。ニッチなファン以外にも新たなアルフィスタを獲得し、グローバルブランドへと成長できるか。まずは、40年ぶりに復活したジュリアの売れ行きにかかっている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。