ドコモのベンチャー育成人が転職で狙うこと

新天地はシリコンバレーの「職人気質VC」

トランスリンクの得意技は、投資したシリコンバレーのベンチャーと日韓中台の大手企業をつなぎオープンイノベーションを促すことだ。過去10年間で126の事業会社にベンチャーを紹介。64のベンチャーが事業会社と契約を締結、32のベンチャーが事業会社から出資を受けた。

同社の最大の特徴は、「事業会社の戦略的リターンと、ファンドとしてのリターンを両軸としてどちらも同じように重視している点。そんなVCは世界中を探してもまず見当たらないが、トランスリンクは設立時から、その2つの軸を同様に重視してきた。今もその姿勢を貫いている」(秋元氏)。

トランスリンクの1号ファンドは2006年に5000万ドルを集め、15社に投資。うち8社がイグジット(他社への売却や株式公開での株放出)を迎えている。2010年の2号は7200万ドルで18社、イグジットは7社。2014年の3号ファンドは1億2700万ドルを集めて19社に出資。すでに2社がイグジットを迎えている。

「『攻殻機動隊』実現の夢はあきらめない!」

「攻殻機動隊リアライズプロジェクト」への熱い思いを語る秋元氏(撮影:尾形文繁)

秋元氏は「攻殻機動隊リアライズプロジェクト」に賛同し、「(近未来アニメ)『攻殻機動隊』の世界観(感情を持ったロボットや自動運転など)を実現するようなベンチャーを応援する取り組みがあってもいい」と明言。

「ウェアラブル端末よりもインプランタブル(体内に埋め込む形)が実現しないかなと個人的には思っている」「リストバンド型よりも電子タトゥー(米国ではすでに特許化)が実用化されると健康増進のみならず医療系にも応用が利く」などのとがった発言で注目を集めてきた。

今後も『攻殻機動隊』の世界観を実現するベンチャーへの支援を目指すのか。秋元氏は「トランスリンクのネタ(投資先)としては難しい」とする一方、「個人としては手伝っていきたい。リアライズプロジェクトとはつながっている」と決して夢をあきらめるつもりはないとしている。

ドコモを離れた秋元氏だが、「入社したNTTの時代からドコモ時代までの計約30年間、たいへんお世話になった。 NTTやドコモは本当にいい会社。いまだに大好きだし、キャリア(通信会社)としての愛着もある。何らかの形でドコモなどNTTグループに今後貢献できる場面があったらうれしい」と、今回の転職がけんか別れではないことを強調していたのが印象的だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT