防衛省・自衛隊の装備調達人員は、少なすぎる

過去最大の防衛予算は工夫次第で圧縮可能だ

89式5.56mm小銃(写真:SWAT / PIXTA)

具体例として89式小銃を見てみよう。1989年に調達が開始された89式小銃は28年経った2017年現在まで調達が完了していない。それでも調達計画がたとえば30年と決まっているならまだしも、それすらも決まっていない。諸外国では小銃の更新は6~8年程度、長くても10年ほどである。この少量調達をダラダラ続けているために89式小銃の調達単価は40万円と、同時代の他国の小銃の7~8倍にもなる。

ドイツでは入札情報が明快に公表されている

ドイツの状況をみると、日本との差が明確に浮かび上がる。ドイツ連邦軍は現用のG36小銃の更新を計画しているが、12万丁の新型小銃を2019年4月から2026年3月までの7年間で調達する予定で、予算は2億4500万ユーロ(約300億円)と見積もっている。候補はこれから絞られるが、光学照準器や各種装備を装着するためのレールマウントを装備し、同じモデルで5.56ミリおよび7.62ミリNATO弾を使用する2種類の小銃を調達すことになっている。

フレームの寿命は最低3万発、銃身寿命は1万5000発(徹甲弾は7500発)以上が求められている。調達予算には光学サイト&ナイトサイト、メカニカルサイト、銃剣、クリーニングキット、サプレッサー、通常型弾倉とドラム型弾倉、二脚、フォアグリップ、ダンプポーチ、輸送用バッグが含まれており、オプションとして射撃弾数カウンターと2連装弾倉ポーチが挙げられている。こういう情報が、入札が行われるはるか前に公開されているのだ。

それに対して日本はどうか。防衛省・自衛隊は国会にこの程度の情報すら公開していない。89式に関して国会議員は何丁が、いつまでに、総額いくらで調達されるかも知らない。このような過剰な秘密主義は民主主義国家の「軍隊」ではありえない。防衛省や自衛隊の情報に対する考え方はむしろ中国や北朝鮮に近い。

ドイツ連邦軍は、日本の89式調達単価の6割の予算、4分の1以下の期間で、最新式の小銃と豊富なアクセサリーをそろえることができる。かつてドイツ連邦軍が旧式のG3小銃がG36に更新したときもおおむね7年程度で終了している。これが「普通の国」の調達なのである。残念ながら防衛省・自衛隊にはこのような「計画」が存在しない。

次ページなぜ「計画」が存在しないのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。