鉄道各社は「ミサイル発射」にどう対応したか

東北新幹線などストップ、走り続けた路線も

8月29日の北朝鮮によるミサイル発射の影響で、北海道や東日本の鉄道各線では一時運転見合わせなどの対応が取られた(写真はイメージ)(写真:hamazou / PIXTA)

「ミサイル発射の影響で安全確認を行ったため、電車が遅れております……」。8月29日の出勤時、このようなアナウンスを通勤電車の車内で聞いた人も多かったのではないだろうか。

早朝の日本を騒がせた北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、国内への被害はなかったものの、各地で鉄道の運行に影響を与えた。

今回、Jアラート(全国瞬時警報システム)で対象地域となったのは、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県の12道県。これらの地域を走る各線をはじめ、対象に含まれなかった地域の一部路線でも列車の運転が一時ストップした。一方、対象地域内でも通常運行を続けた路線もあった。

都心各線は通常通りの運転

対象地域となった東北地方や北関東などを運行エリアとするJR東日本は、ミサイル発射の情報を受けて本社の運行指令から各支社などの運行指令に列車の停止を指示。Jアラートによる情報が発信された6時02分以降、東北・上越・秋田・山形・北陸の各新幹線のほか、在来線66線区のうち48線区で一時運転を見合わせた。

同社では基本的なスタンスとして、Jアラートやエムネット(緊急情報ネットワークシステム)でミサイル発射の情報を得た場合は「対象地域内の列車と対象地域へ向かう列車について、走行中なら停車させ、停車中なら抑止する」と定めているという。

このため、今回の対象地域外だった東京都心部でも、茨城や栃木、群馬方面に向かう宇都宮線や高崎線、常磐線などが影響を受けた一方、山手線など都心部のみを走る路線は通常通りの運行を続けた。4月29日に北朝鮮がミサイルを発射した際は全線で一時運転を見合わせた東京メトロも、今回は通常通りの運行を続けた。

次ページ対象エリア外だが運転を見合わせた鉄道も
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT