ハリケーン被害にセレブが続々と高額の寄付

カーダシアン家は5500万円

8月29日、米タレントのキム・カーダシアンさん(写真)と家族らが、大型ハリケーン「ハービー」による被災への支援金として、合わせて50万ドル(約5480万)を寄付した。写真は昨年10月撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ロサンゼルス 29日 ロイター] - 米タレントのキム・カーダシアンさんと家族が29日、大型ハリケーン「ハービー」による被災への支援金として、合わせて50万ドル(約5480万円)を寄付した。

これまでに、ジェニファー・ロペス、ドウェイン・ジョンソン、NFL選手のJ.J.ワット、コメディアンのケヴィン・ハートなど多くのセレブがテキサス州の数万人に上る被災者を支援するため寄付を行っている。

キム・カーダシアンさんと妹のクロエさん、コートニーさん、母親のクリス・ジェンナーさんがツイッターで、赤十字と救世軍に寄付すると明らかにした。

ケヴィン・ハートさんは5万ドルの寄付を表明

ケヴィン・ハートさんは28日、5万ドルの寄付を表明、ロペスさんやDJキャレドも2万5000ドルを寄付した。

NFL(米ナショナル・フットボールリーグ)のワットさんも27日に10万ドルを寄付し、ビデオで募金を呼びかけ、すぐに100万ドルに達した。ワットさんは400万ドルを目指していると29日にツイートした。

ヒューストン出身のスターであるビヨンセも、故郷の復旧のため計画を進めていると明らかにした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。