ハリケーン被害にセレブが続々と高額の寄付

カーダシアン家は5500万円

8月29日、米タレントのキム・カーダシアンさん(写真)と家族らが、大型ハリケーン「ハービー」による被災への支援金として、合わせて50万ドル(約5480万)を寄付した。写真は昨年10月撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ロサンゼルス 29日 ロイター] - 米タレントのキム・カーダシアンさんと家族が29日、大型ハリケーン「ハービー」による被災への支援金として、合わせて50万ドル(約5480万円)を寄付した。

これまでに、ジェニファー・ロペス、ドウェイン・ジョンソン、NFL選手のJ.J.ワット、コメディアンのケヴィン・ハートなど多くのセレブがテキサス州の数万人に上る被災者を支援するため寄付を行っている。

キム・カーダシアンさんと妹のクロエさん、コートニーさん、母親のクリス・ジェンナーさんがツイッターで、赤十字と救世軍に寄付すると明らかにした。

ケヴィン・ハートさんは5万ドルの寄付を表明

ケヴィン・ハートさんは28日、5万ドルの寄付を表明、ロペスさんやDJキャレドも2万5000ドルを寄付した。

NFL(米ナショナル・フットボールリーグ)のワットさんも27日に10万ドルを寄付し、ビデオで募金を呼びかけ、すぐに100万ドルに達した。ワットさんは400万ドルを目指していると29日にツイートした。

ヒューストン出身のスターであるビヨンセも、故郷の復旧のため計画を進めていると明らかにした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。