ファンケルのゴルフ大会、毎年大盛況の理由

大イベントを会社はどう盛り上げているのか

毎年、多くのギャラリーを集めることで話題になるゴルフのシニアツアー「ファンケルクラシック」。今年も3日間で2万人を優に超える人が観戦した(写真:ファンケル)

朝のギャラリーバスの雰囲気から、ちょっと違う。8月18~20日に静岡・裾野CCで行われたシニアツアー「ファンケルクラシック」の取材に行った。三島の駅からギャラリーバス乗り場に行くと、子どもたちが多くてなかなかのにぎやかさ。両親や祖父母に連れられているようだ。やって来たバスは、観光バスや高速バスに使われるタイプ。会場まで30分ほどなのだが、車内でも子どもたちが両親と学校の話などをしていて、本当にこれからゴルフ観戦をするの?という雰囲気だ。

シニアツアーは、50歳以上の男子プロゴルファーによって戦うツアーで、年間18試合ある。その中でも、民間スポンサー主催の大会としては、17回目を迎えたこの「ファンケルクラシック」は老舗。通販が主力で、化粧品や健康食品を扱うファンケルがスポンサーの大会は、しかも、毎年、そのギャラリーの多さで話題になる。

今年も大会史上3位のギャラリーを集めた

やはり、今年もたくさんのギャラリーが入った。3日間で2万2666人。2012年にこの大会が記録した2万3802人のシニアツアー記録には及ばなかったが、歴代3位だった。

今季の男子ツアーは9試合を消化、4日間大会で平均ギャラリー数は1万4349人。2万人を超えたのは今のところ1試合しかない。女子ツアーは24試合を消化した。シニアと同じ3日間大会が多く、平均ギャラリー数は1万6437人。ワールドレディス選手権サロンパスカップの4万1484人(4日間大会)は別格として、それを含めて2万人超えは5試合だ。

ファンケルクラシックと同じ日程で、目と鼻の先の箱根で行われた女子ツアーのCATレディースのギャラリー数は3日間で1万1430人と約半分だった。筆者も昨今の女子ゴルフ人気は認めるところだが、年配おじさんのシニアツアーでも人が来るのには、理由がある。

次ページなぜ、大勢の観客を集めるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT