江崎グリコが創業者出身地、佐賀の工場閉鎖

1953年に操業開始、来年12月に生産終了へ

来年12月に閉鎖する九州グリコの佐賀工場=佐賀市神園

設備老朽化、生産拠点再編で

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

江崎グリコ(本社・大阪市)は8月21日、菓子製造の子会社九州グリコ(佐賀市神園、干貝博彦社長)を2019年1月に解散すると発表した。工場は18年12月で生産を終了、閉鎖する。経営効率化のため生産拠点を一部に集中させる方針や、工場設備の老朽化が主な理由。従業員51人はグループ会社に転籍し、パートや派遣など211人は契約満了後に更新しない。

1953年に江崎グリコ九州工場として操業、01年に分社化した。チーズスナックの「チーザ」やガム「ポスカ」などを主力に生産している。17年3月期の売上高は11億6900万円で、ピークの09年から半減していた。

佐賀市神園の工場は、3万1520平方メートルの敷地に4つの建屋など延べ床面積1万5986平方メートルがある。江崎グリコの国内工場では2番目に古い。閉鎖理由について、江崎グリコグループ広報部の落合平八郎マネージャーは「老朽化した建物へのこれ以上の設備投資は困難で、建物が点在しているため移動が非効率で稼働の低さが目立っていた」と説明した。

正社員は佐賀グリコ乳業(佐賀市大和町)など全国17カ所に転籍する。工場は江崎グリコの所有で跡地利用は未定という。

創業者の江崎利一(1882~1980年)は佐賀市出身で、有明海のカキに含まれるグリコーゲンに着目して起業を決意した。落合マネージャーは「佐賀県という思い入れのある地で拠点が一つなくなることは残念だが、佐賀グリコ乳業は残るので地域貢献を続けていきたい」と理解を求めた。

21日の取締役会で解散を決議、同じ子会社の広島グリコ乳業(広島市、従業員40人)も18年10月に解散する。子会社解散に伴い、江崎グリコは18年3月期に約5億円の特別損失を計上する。

佐賀新聞LIVEの関連記事
西友佐賀店、閉店へ 建物老朽化、売り上げ減
負債前年1.7倍50億円 今年上半期・佐賀県内企業倒産
閉鎖10年の空きビル再生、貸しオフィスに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT