バルセロナが移籍したネイマール選手を提訴

ボーナス報酬の返却などを要求

 8月22日、サッカーのスペイン1部、バルセロナは今月初旬にフランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)へ史上最高額で移籍したブラジル代表FWネイマール(25)を契約違反で提訴することを発表した。4日撮影(2017年 ロイター/ChristianHartmann)

[バルセロナ 22日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナは22日、今月初旬にフランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)へ史上最高額で移籍したブラジル代表FWネイマール(25)を契約違反で提訴すると発表した。

バルセロナは昨年、ネイマールとの契約を2021年までに延長していた。同クラブは、その際に支払った850ユーロ(約11億円)のボーナス報酬の返却、さらに遅延金としてその10パーセントを支払うように求めている。

一方で、ネイマールは20日、今夏に予定されていた2600万ユーロのロイヤリティボーナスの払いをバルセロナが拒否したことで同クラブのフロントを批判するコメントを出していた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT