バルセロナが移籍したネイマール選手を提訴

ボーナス報酬の返却などを要求

 8月22日、サッカーのスペイン1部、バルセロナは今月初旬にフランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)へ史上最高額で移籍したブラジル代表FWネイマール(25)を契約違反で提訴することを発表した。4日撮影(2017年 ロイター/ChristianHartmann)

[バルセロナ 22日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナは22日、今月初旬にフランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)へ史上最高額で移籍したブラジル代表FWネイマール(25)を契約違反で提訴すると発表した。

バルセロナは昨年、ネイマールとの契約を2021年までに延長していた。同クラブは、その際に支払った850ユーロ(約11億円)のボーナス報酬の返却、さらに遅延金としてその10パーセントを支払うように求めている。

一方で、ネイマールは20日、今夏に予定されていた2600万ユーロのロイヤリティボーナスの払いをバルセロナが拒否したことで同クラブのフロントを批判するコメントを出していた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。