バルセロナが移籍したネイマール選手を提訴

ボーナス報酬の返却などを要求

 8月22日、サッカーのスペイン1部、バルセロナは今月初旬にフランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)へ史上最高額で移籍したブラジル代表FWネイマール(25)を契約違反で提訴することを発表した。4日撮影(2017年 ロイター/ChristianHartmann)

[バルセロナ 22日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナは22日、今月初旬にフランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)へ史上最高額で移籍したブラジル代表FWネイマール(25)を契約違反で提訴すると発表した。

バルセロナは昨年、ネイマールとの契約を2021年までに延長していた。同クラブは、その際に支払った850ユーロ(約11億円)のボーナス報酬の返却、さらに遅延金としてその10パーセントを支払うように求めている。

一方で、ネイマールは20日、今夏に予定されていた2600万ユーロのロイヤリティボーナスの払いをバルセロナが拒否したことで同クラブのフロントを批判するコメントを出していた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?