トランプ大統領、バノン首席戦略官を解任

ホワイトハウス内で穏健派との対立深まる

 8月18日、トランプ米大統領がバノン首席戦略官を解任した。写真は両氏。ホワイトハウスで1月撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン/ヘイガーズタウン(米メリーランド州) 18日 ロイター] - 米ホワイトハウスは18日、トランプ大統領がスティーブン・バノン首席戦略官兼大統領上級顧問を同日付で更迭したことを明らかにした。

ホワイトハウスのサンダース報道官は声明で「ケリー米大統領首席補佐官とバノン氏は、今日がバノン氏の最後の勤務日になることで合意した。バノン氏の務めに感謝し、幸運を祈っている」とした。

関係筋によると、トランプ氏は過去数週間にかけ決意を固め、バノン氏は自発的な辞任の機会を与えられていたという。

バノン氏はイスラム圏数カ国からの入国制限など、議論を巻き起こしたトランプ氏の政策の立案にかかわったとされ、ホワイトハウス内では穏健派と対立を深めていた。

トランプ氏はバージニア州シャーロッツビルで発生した白人至上主義団体と反対派の衝突を巡る発言を受け孤立を深めており、16日には メンバーの辞任が相次ぐなか米企業首脳らで構成する大統領助言組織の「製造業評議会」と「戦略・政策フォーラム」を解散。こうしたなか、共和党内からもバノン氏の更迭を求める声が高まっていた。

バノン氏は63歳。トップを務めていた保守系メディア「ブライトバート・ニュース」に戻る可能性を友人らに伝えていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT