茨城の県都・水戸、なぜ「独り負け」が続くのか

関東の県庁所在地で唯一地価の下落が続く

駅前から続く大通り。シャッターが降りたまま店舗が目立つ(記者撮影)

さらに水戸には新幹線が通っていないことも大きく影響している。東京からの所要時間は、新幹線が停まる宇都宮市が約50分なのに対し、水戸市は常磐線の特急で約75分。東京以外からアクセスするにも、新幹線の方が利便性の高いことが多い。

リーマンショック後に支店撤退が相次ぐ

不動産鑑定士の塚本氏は「リーマンショック後は企業の支店撤退が相次いだ。水戸市中心部のビルはテナントが抜けて、空室率が高止まりしているところもある」と指摘する。水戸に置かれていた企業の支店は、東京本社の直轄になったり、新幹線の通る宇都宮市の支店などに統合されるケースが散見されるという。

地形的なハンディもある。茨城県は全体的に平地が広がり、都市部でなくても住みやすい地域が多い。

そのため、水戸市への人口集中率(県内での人口割合)は、9.3%と全国の県庁所在都市の中で最も低い(2015年)。もともと求心力が高くない中で、県南部のTX沿線や近隣県にまで人や企業が流れていき、水戸市の地価は下がり続けていった。

ただ、県都である水戸は茨城県の「顔」でもある。水戸の中心部がかつての賑わいを取り戻さないと、県全体のイメージにも陰りが波及しかねない。流出が続く人や企業をいかに水戸へ呼び戻すか。地元の経済界や行政が連携した抜本的対策が迫られている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。