茨城の県都・水戸、なぜ「独り負け」が続くのか

関東の県庁所在地で唯一地価の下落が続く

駅前から続く大通り。シャッターが降りたまま店舗が目立つ(記者撮影)

さらに水戸には新幹線が通っていないことも大きく影響している。東京からの所要時間は、新幹線が停まる宇都宮市が約50分なのに対し、水戸市は常磐線の特急で約75分。東京以外からアクセスするにも、新幹線の方が利便性の高いことが多い。

リーマンショック後に支店撤退が相次ぐ

不動産鑑定士の塚本氏は「リーマンショック後は企業の支店撤退が相次いだ。水戸市中心部のビルはテナントが抜けて、空室率が高止まりしているところもある」と指摘する。水戸に置かれていた企業の支店は、東京本社の直轄になったり、新幹線の通る宇都宮市の支店などに統合されるケースが散見されるという。

地形的なハンディもある。茨城県は全体的に平地が広がり、都市部でなくても住みやすい地域が多い。

そのため、水戸市への人口集中率(県内での人口割合)は、9.3%と全国の県庁所在都市の中で最も低い(2015年)。もともと求心力が高くない中で、県南部のTX沿線や近隣県にまで人や企業が流れていき、水戸市の地価は下がり続けていった。

ただ、県都である水戸は茨城県の「顔」でもある。水戸の中心部がかつての賑わいを取り戻さないと、県全体のイメージにも陰りが波及しかねない。流出が続く人や企業をいかに水戸へ呼び戻すか。地元の経済界や行政が連携した抜本的対策が迫られている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT