「ジブリ」宮崎吾朗監督が語る父への思い

「作ることが生きること」

宮崎吾朗さん (C)Museo d'Arte Ghibli (C)Studio Ghibli

スタジオジブリの宮崎駿監督の作品は、しばしば食べ物が印象的に描かれる。なぜ、どうやっておいしそうにみせているのか。

引退宣言を撤回し、新作長編に取りかかっている宮崎監督を、周囲はどう見つめているのか。

長男で、『ゲド戦記』「コクリコ坂から」などの作品で知られる映画監督の宮崎吾朗さんが、三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市)で開催中の企画展示「食べるを描く。」に合わせてインタビューに応じ、創作活動にかける父への思いについても語った。

※「三鷹の森ジブリ美術館」は日時指定の入れ替え制。8月末までの入場券は完売しています。チケットの購入方法は公式サイトなどで事前にご確認を。

「ジブリ飯」がおいしそうに見える理由は

本記事は「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

――これまで美術館の企画は主に宮崎駿監督がやっていましたが、今回の「食べるを描く。」展は吾郎さんが8年ぶりに担当されました。

宮﨑監督は「新作短編『毛虫のボロ』の制作が忙しくて、オレはそんなことやってる暇じゃない」と。ネタもなかったのかもしれないですけどね。中島清文館長から「吾朗さん、次の企画どうしましょう」と頼まれ、僕がやることになりました。

いくつかネタを考えたところ、中島館長が選んだテーマが「食」でした。それならファンに喜んでもらえるようにと「ジブリ飯」に決めました。

次ページアニメーションの技術そのもので
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。