「ジブリ」宮崎吾朗監督が語る父への思い

「作ることが生きること」

(2013年に)引退すると言っていたときは、「そんなことはないだろう」と思いました。以前にも同じようなことがあったので。正確にいうと「商業長編から引退する」と言っただけで、「作るのをやめる」とは言ってないので。「またやるんだろうな」とは思っていました。

引退会見で握手をする宮崎駿監督(右)とスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(2013年9月)

大いなる矛盾を抱えながらも

――宮崎監督は、2016年1月に記者会見で「戦争で苦労した人が目の黒いうちは、平和憲法をやめようなんて言えない」「原発は使わない。再稼働せずがんばるべきだ」と発言しました。憲法や原発に強い思いを抱いているようですが、ご自宅ではどうなのですか。

家ではあまり直接は言わないんです。「平和」と言いながら一方で戦車とか飛行機が大好きな人なんですよ。原発のことなども言いはしますが、大いなる矛盾をかかえつつも、「果たして原発みたいなものが、僕らに幸せをもたらしてくれるのか」という、ある種の疑念があるんだと思います。僕の知ってることだと、そのぐらいですかね。

僕自身は、それが本当にこの国で生きている、みんなのために、幸せに生きるということにつながるのかということですよね。それを第一に考えてくれるのであれば何でもいいと僕は思っているんですよ。それに背くのならそれは反対。自分の家族、仲間、友人、子どもたちが将来にわたって平和で幸せであってほしいと思うのは当たり前ですから。

宮崎駿監督が館主を務める「三鷹の森ジブリ美術館」(C)Museo d'Arte Ghibli

(聞き手=朝日新聞記者・青木美希)

【ハフポストの関連記事】
「世界最強のパスポート」がリアルタイムで分かる 日本の順位は…
ジョン・カビラ「娘が性暴力を受けたら『最後まで抵抗しなかった君が悪い』と言えますか」 視聴者の声に反論
ボルト、悲痛のラストレース 途中棄権で有終の美飾れず
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。