「ジブリ」宮崎吾朗監督が語る父への思い

「作ることが生きること」

『天空の城ラピュタ』に登場するパンの模型。ファンの間では「ラピュタパン」とも。 (C)Museo d'Arte Ghibli (C)Studio Ghibli

なぜ、ベーコンエッグなのか。思ったのは、「洋風と和風の間」みたいなものじゃないかと。目玉焼きを知らない人は日本にはいないでしょう。白と黄色だけというシンプルな色だから、絵の中で際立ちます。オムレツは好き嫌いがでますから。ビジュアル的に見映えして、誰でも知っている。

目玉焼きの黄身は、黄身の明るい黄色、かげの黄色、ハイライトの3色で描く。白身も同じです。4色だと手間がかかる上、効果がうすい。2色ではつまらないので基本3色です。食べ物の描き方は、原則この方法でやっているとわかります。

父・宮﨑駿は「たぶん死ぬまで作る」

(C)Museo d'Arte Ghibli (C)Studio Ghibli

――宮崎駿監督が新作長編を作ると決意したそうですが、吾朗さんも参加するのでしょうか。

関わったら大変ですよ(笑)。そもそも決意してるんだか、わからないんですよね。ジブリってなし崩しに動いていくので。作品の方向性もまだ語ってないですね。試行錯誤しているんじゃないかな。本人も「これ、ほんとにやんのかな?」と言っていることもあれば、「やるぞ」と言っているときもあり…。いつも煙に巻かれてよくわからない。

多分、鈴木敏夫プロデューサーも「この先どうなるか分からない」と思いつつやっていると思います。年齢的なこともあるので「宮さん、作ってる間に死んじゃうかもしれないからさ」って。

でも僕は、そう簡単に死んでくれないんじゃないかなと思います(笑)。良く言えば「それしか生き方がない」ってことですよ。「作っていること」が「生きていること」っていう人だからだと思います。それ以外にやることがないし、たぶん死ぬまで作るんじゃないですかね。

次ページ引退すると言っていたけれど…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。