激変する不動産ファイナンス--外資撤退で迫る”9月クライシス”


決済期間が長期化 機動的対応が困難に

金融庁の目線も依然として厳しく、銀行が融資に至る決済期間も長期化している。国内最大級の不動産ファンド運営のダヴィンチ・ホールディングス、金子修社長は「決済期間が、従来は60日程度だったが、現在では120日程度かかるようになっている。特に地方、中小、レジデンシャルのような案件だと長くなる傾向がある。ビットなどで機動的な対応が難しくなってきている」と話す。

それでも下表3のように、邦銀の多くが不動産ノンリコースローン残高を増やしたのは、期限前返済が急減したことも要因だ。銀行関係者は「融資案件は選別している。ただ既存の融資先が、物件の売却先にファイナンスがつかず出口が図れない」と話す。

外資撤収や邦銀の融資選別、不動産業向けの貸し渋り姿勢鮮明化により、不動産会社、ファンドは資産キャッシュ化を急いでいる。今3月は売り物でマーケットがあふれると思われていた。当初はその片鱗があったが、3月末が接近するにつれ、出物は先細った。銀行サイドがジャンプ(融資期限延長)に応じたため、不動産会社がたたき売りから保有に方針を変更したためだ。

一概にはいえないが、その最短の期限がくるのが9月。上期に引当金を積んだ銀行サイドも、今度は見限るとの観測も根強い。9月末に向けJ‐REITなど証券化市場を含めた不動産マーケットは熾烈な動きが続きそうだ。

(金融ビジネス編集部 撮影:尾形文繁)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT