大幅減益のフジテレビを「月9」は救えるのか

民放キー局の出足が軒並み厳しい理由とは

月9ドラマの視聴率が復活、勢いは続くか

今後の業績を左右する4~6月期の視聴率もふるわなかった。全日帯(6~24時)は前年度比0.1%の減少にとどまったが、ゴールデン帯(19~22時)は同0.3%下落、プライム(19~23時)も同0.4%下落となった。

フジは昨年4月に昼のドラマを廃止し、午前中から生放送中心の編成にした。その結果、昼のバラエティ「バイキング」や午後の情報番組「直撃LIVE グッディ!」の視聴率は改善基調が続いていた。これらが全日帯の数値を支えたとみられる。ただ、ゴールデンのバラエティやドラマでは、改善がみられなかった。

ただ、苦戦が続いたドラマでは明るい兆しも見えてきた。7月に始まった月9ドラマ「コード・ブルー」(主演:山下智久)の視聴率は初回が16.3%、第2話が15.6%、第3話が14.0%となり、フジのドラマとしては久々に大健闘している。これを糸口にドラマを復活をさせることができるのか。現場としては腕の見せどころになる。

6月下旬には前BSフジ社長の宮内正喜氏がHDの社長に就任した。日枝久・前会長が「新社長の役割は現場が自由に制作できる環境を育てること。陣頭指揮を執り、細かな指示を出すべきではない」と話すように、宮内氏が制作現場の力をどれだけ引き出せるかが、反転のカギとなるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT