聖心女子に娘を通わせたいお受験ママの心理

圧倒的な箱入り感!

娘を聖心女子学院に通わせたい理由とは?(写真:東京カレンダー編集部)
教育は平等、ではない。
親の経済力が子どもの教育や学力に反映される「教育格差」。
東京の中心で暮らす裕福な家庭では、子どもの教育に桁違いの金額を費やしていると聞く。
これまで、年間学費300万円をかけて世界のトップ層を目指すインターママや、親子4代白百合ママ、福翁自伝を愛読する幼稚舎ママ、敢えての公立ママなどを紹介してきた。
今回は、自身の母校でもあり、都内屈指のお嬢様学校・聖心女子学院に娘を通わせるべく準備中のママに、お話を伺った。

聖心女子学院に通わせたい

#File08 私は聖心で、女性にとって最も大切なことを教わった。

名前:綾香さん
年齢:30歳
子ども:長女2歳
子どもの学校:未就学(これから幼稚園受験)

週末の朝。

取材班は、尾山台の『オーボンヴュータン』で綾香さんを待っていた。

2歳の娘を父親に預かってもらう必要があるため、自宅からほど近いのだというこの店を綾香さんから指定された。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

決してアクセスの良い場所にあるわけではないのに、客足が途絶えないことに取材班は驚く。

見るからに高級そうなシャツやサマーニットに身を包んだ紳士、バーキンやケリーを携えたご婦人が、ひっきりなしに焼き菓子の詰め合わせなどを購入していく。

その様子を見るだけで、この店に集う客質の高さが伺える。

次ページ綾香さんが、愛娘を聖心に入学させたい理由とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT