CIAの情報分析は誰でも応用できる手法だ

あふれる情報におぼれないための5ステップ

4)データを色分けする

重視する項目と尺度を決めたら、ようやくデータの山に手をつける。データを重視する項目に分けて、信号の色(青/黄/赤)によってそのデータについての自信度を評価する。各データの信頼性が高く、量も十分にそろって入れば青(既知)、情報に欠落があったり、量は十分でも情報源が間接的だったりする場合は黄(推量)、データが断片的、あるいは量が少ないときは赤(未知)といった具合だ。青は思っているより少なく、黄に分類すべきデータは予想以上に多い。色分けはくれぐれも慎重に。

色分けが済んだら、「能力」と「意図」に関する問いを選り分ける。つまり、「定量的な問い(投資を検討している企業からはいくらの配当が見込めるか)」と「定性的な問い(その企業の経営陣が配当を出したいと発言したことをどうとらえるか)」の区別である。後者の判断は難しい。友好的な企業であれ、非友好的な核保有国であれ、評価対象の意図はよくわかっていると言ってくるアナリストや長年の専門家には、特に注意すること。

5)見落としはないか?

「HEADゲーム」のプロセス全体を通じて最も大切なのは、最後まで謙虚な姿勢を保ち続けることだ。すなわち、「私が知らないことは何か?」(「見落としているものはないか?」)という問いをつねに心に留めておくことである。「知らない」と口に出すのはプライドが邪魔して難しいものだが、専門知識とプライドの組み合わせは、専門家にとって鬼門である。

「新顔」を補充する

これを回避するために、次の方策が挙げられる。

『CIA極秘分析マニュアル「HEAD」』(早川書房)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

①「現在の出来事」と「未来の出来事」の予測を区別する。豊富な知識をもとに「今」を説明する能力と、「明日」の変化を見極める能力は異なる

②専門家で構成されたチームに「新顔(非専門家)」を補充し、彼らに話す機会を与える。ほかのアナリストたちが言い訳しがちな「異例」のデータについては特に彼らに尋ねる(=新たな角度から同じ課題を分析する「レッドチーム」)

③新顔メンバーは、古株の同席者からの圧力にさらされがちなので、質問や発言の機会を保証する。「私の議論」「私の案件」「私の立場(立ち位置)」などの言葉を使う古株には注意

④集団内の同調圧力に対抗するため、この種の質問者を最低でも2人は同席させる。集団内の手が届く場所に彼らの「命綱」を用意しておくことを忘れずに

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT