G20首脳会議、イヴァンカ氏が大統領の席に

アフリカ開発に関する非公開のセッションで

 7月8日、ドイツのハンブルクで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議で、アフリカ開発に関する非公開のセッション中にトランプ米大統領が離席した際、長女で大統領顧問を務めるイバンカ氏(写真)が大統領の席に座る場面があった。代表撮影(2017年 ロイター/Ludovic Marin)

[ハンブルク 8日 ロイター] - ドイツのハンブルクで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議で8日、アフリカ開発に関する非公開のセッション中にトランプ米大統領が離席した際、長女で大統領顧問を務めるイバンカ氏が大統領の席に座る場面があった。

「トランプ大統領に代わってイバンカ氏が議論の場に突然現れた」との見出し付きで、世界各国の首脳と同じテーブルに着くイバンカ氏の写真がネット上に出回り、騒ぎとなった。

メルケル独首相はG20首脳会議の閉幕を受けた記者会見で「大統領が離席することはあり得ることであり、こうした場合に誰がテーブルに着くかを決めるのは代表団だ。そしてイバンカ氏は米国の代表団に所属している」と述べ、問題はなかったとの認識を示した。

イバンカ氏が大統領の席に座ったのは、世界銀行総裁が発展途上国の女性起業家に対する支援融資プログラムを説明している時だった。女性問題は同氏が重視する分野の1つ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。