新人の「上司ウケ」髪型はこの3点を押さえよ

実際に新入社員がカット体験してみた

ただ、ここで注意したいのが、スタイリング剤の量です。学生の頃であれば、ジェルで毛束を固めたり、髪全体にワックスをつけて立ち上げる、というスタイリングを実践していた人も多いかもしれませんが、前述したように、新入社員は“職場にフレッシュな雰囲気を運ぶ”ことも仕事のうち。そう考えると、ハードジェルやヘアワックスでバキバキに固めたスタイルでは、さわやかな印象が損なわれてしまいます。そこで、毛髪を固めるのではなく、まとまり感を与える程度に仕上げるために、ムースタイプを使ったり、ワックスを使う場合は少量(小指の爪ほど)を2回に分けて塗布するようにしましょう。

そのときのポイントとして、川嶋氏は「ワックスは、まずは手のひらにつけて伸ばすこと。その後に細い毛束を作って、塗布しましょう」とアドバイス。また、「質感に統一感をもたせるためにも、ワックスは耳まわりや襟足など、毛が短い部分にもつけるのがコツ」と、プロならではのスタイリング術を伝授。確かに、ワックスをつけた部分はマットな質感、そのほかはパサパサだと、きれいにまとまりません。スタイリング剤は部分ではなく、全体に塗布しましょう。

「上司ウケヘア」のビフォアー・アフター

施術前(撮影:梅谷秀司)
施術後(撮影:梅谷秀司)

新入社員にとって、先輩からも上司からもかわいがられるためには、“感じのいい”ヘアスタイルにするのがベスト。なかには、髪型で個性を出したいという人もいるかもしれませんが、それは仕事に慣れてきてから追い追い考えればいいこと。まずは、“こざっぱり”とした清潔感のある見た目印象に仕上げたほうが、組織のなかでは、何かとうまくいくはずです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT