ダメな経営者は「AIの本質」をわかっていない

「過剰な期待」も「過度な怯え」も間違っている

医療において大きなコスト改革をもたらしそうな実験結果だが、橋本氏は「日本の場合は、精神疾患のように情報が外に漏れると問題がある病気ではAIでデータを扱うことは嫌がられる。正直、日本では難しいのが現状」という。

『週刊東洋経済』の会員制サービス「週刊東洋経済プラス」。「東洋経済ID」でログインすると最新号の一部記事を無料で読めます(有料会員に登録すると、全記事を閲覧できます)

元グーグル社員でIT評論家の尾原和啓氏は指摘する。

「今まで人件費をかけてきた業務がAIでできる。しかもインターネットを経由してクラウド型で提供されるAIなら、その人件費低減効果は絶大。世界の産業界が今、AIをめぐって議論しているのは、このコスト革命と、それを前提にした新ビジネス創出によるインパクトが極めて大きいからだ。シンギュラリティや強いAIを産業の問題として議論しているのは、日本ぐらいだ」

冒頭のAI期待派と過小評価派の2種類の経営者がどちらもダメな理由が、ここにある。

「強いAI」を大まじめに議論しても前に進まない

残念なことに、強いAIについて大まじめに頭を悩ませている経営者が、想像以上に多いのが今の日本の現実だ。AIを使った経営戦略に詳しい経営共創基盤の塩野誠取締役は「AI活用の実例を講演で話した後でも、『結局、AIは人間を襲うようになるのか?』と聞いてくる経営者が日本には散見される」と嘆く。

日本企業は従来から欧米企業と比べ、CIO(最高情報責任者)という役職を置き、企業の情報部門を役員レベルが統括する枠組みをあまり導入していない。さらにはIT投資額が相対的に小さいなどといったIT戦略の出遅れがあると指摘されてきた。これが国際競争力の衰えを招く一因であるという研究も多数ある。

今世界で進みつつあるAI革命をSFチックにとらえ、リアルなIT戦略ととらえられなかった日本企業は、シンギュラリティが来るか来ないかにかかわらず、存続できないのではないか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT