SNSの域はもう超えた ライバルはポータル企業−−アンダーソン マイスペース創業者兼社長

SNSの域はもう超えた ライバルはポータル企業−−アンダーソン マイスペース創業者兼社長

日本でサービス開始から約1年半経ったが調子はどうか。

順調だが、もう少し速いペースで加入者数が伸びてほしい。日本は他国に比べて特に音楽に力を入れている。その分、反応も大きい。ただ、加入者数が限られており日本独自の使われ方が見られない。

米国でも利用者数の伸び悩みが指摘されるが。

調査会社によると、6月は利用者数が伸びなかったが、5月は300万人増えた。利用時間など指標も伸びており、ピークアウトはしていない。一方、利用者を増やすために、昨年9月からサイトのデザインやプロフィール機能などの大型刷新に取りかかっている。年内にも立ち上げる予定だ。たとえば、知人のカテゴリー別にプロフィールを分けられる機能がある。これを使えば友人や職場など見る人によって違うプロフィールを表示できる。従来は友人間でしか使っていなかったSNSも、今後は同僚や家族間でも利用することができる。

SNS業界ではフェースブックやリンクドインなど、競合企業の台頭が目立つ。

リンクドインはビジネス向けのため利用層が異なるが、フェースブックは利用者が完全に重なる。ただ、米国では依然として、マイスペースの利用者数が倍以上だ。彼らが伸び続けるのかもわからず、脅威というほどではない。

広告媒体としての魅力もさほど高くはないだろう。彼らのサイトでは広告は目立たず、カスタム広告も手掛けていない。マイスペースでは、ページ全面広告などニーズに合った広告を出しているが、彼らはそれすらしていない。

マイスペースの広告事業は伸びているのか。

景気低迷が指摘されるが、今四半期は計画以上だ。今やマイスペースの閲覧数は、ヤフーやMSNのような有力ポータル並み。利用者の幅の広さもSNSの域を超え、広告主はむしろポータルとして扱い始めている。SNS市場より総広告費が格段に大きいポータル市場で広告を奪い合える意義は小さくない。

マイクロソフトは、フェースブックに投資するなどSNSに興味があるようだが。

かつてはライバルが買収されると、その会社のいい部分をダメにしてくれるとホッとしたものだ(笑)。最近もAOLが8・5億ドルでSNSを買ったが、そもそも巨額を払うと経営に口を出さずにいられない。大手が小さい会社を買っても簡単にはうまくいかないものだ。その点、親会社のニューズ・コーポレーションは放っておいてくれる。だから、僕らも残っていられるんだ。僕らも相乗効果のありそうなネット企業を見ているが、今の価格水準は高すぎる。しばらくは様子見だ。

(倉沢美左 撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

Tom Anderson
カリフォルニア州立大ロサンゼルス校卒。2000年にデータストレージ会社Xdriveに入社。当時セールス統括のデウォルフ氏と出会い、03年に共同でマイスペースを立ち上げた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT