NYタイムズ、料理レシピサイト有料化の事情

1月5ドルを払わないとほぼ見られない状態に

 6月28日、米紙ニューヨーク・タイムズは、料理レシピサイト「NYTクッキング」の有料化に踏み切ると発表した。ニューヨーク市で2013年8月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[28日 ロイター] - 米紙ニューヨーク・タイムズ<NYT.N>は28日、料理レシピサイト「NYTクッキング」の有料化に踏み切ると発表した。

現在は無料で無制限に料理レシピを見られるが、今後は1カ月5ドルを課す。無料ユーザーは大半のレシピが利用できなくなるとともに、これまでに保存していたレシピも見られなくなるという。

読者がウェブコンテンツに移行しているのに伴い、新聞社各社は印刷広告収入の大幅な減少に見舞われており、この穴埋めにデジタル版の活用に力を入れている。

NYタイムズは先月、第1・四半期の印刷広告収入が前年同期比17.9%減少する一方、デジタル広告収入は18.9%増加し、デジタル版購読者も増えたと発表した。

NYTクッキングは2014年にサービスを開始し、現在の月間ユーザー数は約1000万人。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT