クックパッド「レシピへの集中」に潜む危険性

穐田前社長と佐野氏の関係はどうなるのか

クックパッドの混乱は終わったとは言えない。レシピサイトの強みをどこまで保てるだろうか(写真:編集部)

その期間、わずか1年半――。料理レシピ検索のクックパッドが、昨年に子会社化した結婚式場口コミサイト運営の「みんなのウェディング」を、来期(2017年1月にスタート)から非連結化し、さらに全株式について売却意向であることを明らかにした。

みんなのウェディングは12月22日、同社株式に対する公開買付け(TOB)について発表。買い付けを実施するのは、同社の取締役会長であり、クックパッドの取締役も務める穐田誉輝(あきた・よしてる)氏だ。このTOBに対しクックパッドは、所有する同社全株式(持株比率26%)を応募することに合意している。

今回のスキームは会長である穐田氏によるマネジメント・バイ・アウト(MBO)に当たり、既存の保有分と合わせ、穐田氏の持ち株比率は最大66%まで拡大する公算。一方、みんなのウェディングは東証マザーズへの上場を維持し、経営体制にも大きな変更はないようだ。

「みんな」の買収は多角化の最たる例だった

クックパッドは10月にも、キッチン用品、衣料品などのEC事業を行う子会社を京王百貨店に売却した。これまで取り込んできた事業を次々に手放す背景にあるのは、“お家騒動”にも発展した経営の方針の大転換だ。

騒動の発端は今年1月。創業者で筆頭株主の佐野陽光氏が「経営ビジョンに大きな歪みが出てきた」として、株主提案で当時社長の穐田氏を含む取締役の刷新に動いた。その後事態は一時落ち着いたように見えたが、3月の株主総会後、続投を見込まれていた穐田氏が、佐野氏の影響力の強い新体制下で社長退任に追い込まれた。現在はマッキンゼー・アンド・カンパニー出身の岩田林平氏が社長に就いている。

穐田氏はベンチャーキャピタル大手のジャフコなどを経て、2001年にカカクコムの代表取締役に就任、同社を東証マザーズ上場に導いた。クックパッドには2007年、社外取締役として加わり、2012年に社長就任。レシピ検索にとどまらない「食を中心とした生活インフラ」の構築を目指し、ビジネス領域の拡大に力を注いでいた。みんなのウェディングの買収も、そんな拡大策の一貫だった。

次ページ動画モデルの競合メディアが台頭
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT