ハイヒールと宝石が温暖化をもたらす 村井哲之著

ハイヒールと宝石が温暖化をもたらす 村井哲之著

タイトルにある「ハイヒール」は足に負担をかけ、電車でなくタクシーを使う機会を増やすことになる。「宝石」とは、つまりダイヤモンドのことで、その産出国では武器調達のために盛んに採掘・売買がされ、森林も破壊される。いずれも「風が吹けば桶屋が儲かる」式の論法だが、前者は身近な温暖化の実例であり、後者は途上国の開発が温暖化を促す好例といえる。

コスト削減コンサルタントでCO2削減ドットコムのブロガーである著者は、問題の本質を見るように促す。PETボトルやコピー用紙も、リサイクルの有効性を論争する以前に、もともと使わないようにできる代物。温暖化防止のために生活スタイルからの変更を説く。

PHP新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT