「妥協してまで結婚はしない」と言う人の盲点

30後半からは自分の「市場価値」の現実を見よ

「会社のイベント企画で、家族の絆をテーマにした写真をお客さんから公募したんです。送られてきた写真を選別しているうちに、“家族っていいな”と思った。写真に写っている子どもたちの笑顔がかわいかったし、その子どもたちを見つめるお父さん、お母さんの視線もやさしくて、『ああ、自分も家族が欲しいな』と強く思いました」

できることならここ半年くらいの間に相手を見つけて、1年以内には結婚をしたいという。良雄は髪こそ薄くなりかけているが、見た目も年収も悪くない。お見合いを続けていくうちに、そんなに苦労することなくお相手に出会えるだろう。

46歳の良雄「結婚するなら、譲歩しても31歳まで」

私は、良雄に言った。「まずはどんどんお申し込みをかけて、お見合いしていきましょうか。お子さんが欲しいなら、狙い目はアラフォーの女性かしらね」。

すると、この言葉を制するように、良雄が言った。

「いや、結婚するなら20代がいいんです」

「20代? 良雄さんは、今46歳だから20代の女性とお見合いするのは、100パーセント無理とは言わないけれど、かなり厳しいですよ」

「20代なら、バツがあって子どもがいてもいい。そして、自分の子どもも生んでほしい。そこは譲れない条件です」

「どうして20代にこだわるの?」

「どうしても子どもが欲しいから。譲歩しても31歳くらいまでがいい」

私は、無茶な年齢差を望む男性には、いつもこんな説明をしている。良雄にも言った。

「年齢って不思議なものでね。下を見るとその年齢差を短く感じるの。だけど上を見上げるととても遠くに感じる。良雄さんは、『どんなに譲歩しても31歳までの女性がいい』と言っているけれど、そこには15歳の年齢差があるでしょう? 46歳に15歳を足してみて。61歳よ。すごく年上に感じない? あなたは今、その年齢差の婚活をしようとしているのよ」 

私の言葉に少しムッとしたような表情で、良雄はこう続けた。

「でも、どうしても31までがいいんです。もし子どもができなかったら、結婚する意味がない」

「30代後半の女性でも子どもはできますよ。今は晩婚化が進んでいるから40を越えてから出産している女性もいるし」

私事で恐縮だが、私も36の晩婚で、40歳の時に双子の女の子を出産した。その話も良雄にした。それでも、頑として譲らなかった。

「僕は31までがいいんです。女性の年齢が上がると、出産のリスクも増えるじゃないですか」

もちろん、それはそのとおりだ。“31歳まで”と女性の年齢を区切った良雄は極端な例だが、“出産のリスク”を理由に挙げて、30代でもできるだけ歳の若い女性と結婚したがる男性は多い。

次ページ良雄が「31歳まで」にこだわる理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
知られざる自動車部品サバイバル<br>ドイツ3強vs.トヨタグループ

世界の自動車部品業界をリードする日独のメガサプライヤー。ZF、ボッシュ、コンチネンタルと、トヨタグループ最大手のデンソーを集中的に取材。CASE(つながる化、自動運転、シェアリング、電動化)の荒波を越え勝ち抜くのはどこか。

  • 新刊
  • ランキング