尼さんとクリスチャンの男が結婚してみたら

「宗教バラバラ夫婦」の日常を追ってみた

それは、大治朗さんが、団姫さんの誕生日に送った一通のメール。書かれていたのは「まるこさんに出会えたことを感謝します」という言葉。それを目にした団姫さんはこう思った。

団姫さんは各地を回って活動している

「普通の30代の男性やったらそういう言い方はあんまりしないんじゃないか。その文章が、この人が十字架の前で、神様に言っているような姿が、すぐにパッと思い浮かんだ。やっぱりこれはクリスチャンで間違いないな!って」(団姫さん)

大治朗さんがクリスチャンと確信した団姫さん。本人に尋ねると

「・・・・ゴメン(土下座)隠すつもりじゃなかったんや、なかなか言い出せなくて…」(大治朗さん)

「信仰があるって素敵なこと」

大治朗さんはクリスチャンであることを、初めて告白。それまで言えずにいたことを詫びた。すると…団姫さんは、一つも責めることはなかった。むしろ「なんで謝るん?信仰があるって素敵なこと」と優しく微笑んだのだ。

「ちゃんと信仰を持って生きているのが分かったので、この人と付き合ってて良かったな、この人となら結婚して大丈夫やと思いましたね」(団姫さん)

こうして2011年、2人は晴れて結婚。そして、夫婦になって半年後、団姫さんはお坊さんになるために、出家!比叡山での60日間の修行を終え、ついに『尼僧』になったのだ。

そんな宗教バラバラ夫婦に、お節介ながら、将来は、どんなお墓に入るつもりなのか、聞いてみると

「我々の場合は結婚した時から話し合っている。『夫婦墓』(めおとばか)に入ろうと思っています」(団姫さん)

夫婦墓とは、代々継承しない、夫婦2人だけが入る墓。子どものいない夫婦や、宗教の違う夫婦などに利用者が増えている。実家のお墓にはお互いに入りづらい。でもこの二人の間では宗教観が一致しているという事で、夫婦墓に入ろうということだ。

最後に、尼さん妻に聞いてみた。
クリスチャンの夫と結婚して、正解? それとも後悔?
                      
「大正解だと思っています!仏さまに出会わせて頂いて、大治朗さんと出会わせて頂いて、本当に幸せなので有難いです!大正解です!」(団姫さん)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。