円高をモノともしない工場の意外な強み ダイキン流「ええかげん」力

こうした独特の仕掛けを数多く持つ工場で、全般に貫かれているのが、井上会長の経営理念でもある「人」を機軸にした思想だ。作業員が気持ちよく、リズムよく作業するためにはどのような仕組みが必要なのか。滋賀製作所にはそのエッセンスが詰め込まれている。ダイキン流“ええかげん”は、関西流の「こまやかな配慮」と読み解くこともできる。

海外工場にも徐々に浸透 「最寄り化」で世界戦略

昨年11月、米マッケイ社のフェリボー工場に、ニューヨークの世界貿易センタービル跡地に建設中のフリーダム・タワー関係者が、見学に訪れた。一行は同工場の生産能力の高さに驚きの声を上げたという。その後マッケイ社は、フリーダム・タワーの大口受注獲得に成功した。

マッケイ社はダイキンが06年に買収したOLYインダストリーズ傘下のエアコンメーカー。昨年4月から、ダイキンの役員が工場を訪問し、改善活動などの基本思想や、技術伝承システムなどを順次移植してきた。その成果は着実に表れている。

北米は世界最大市場だが、エアコンシステムが日本と違うこともあり、ダイキンの攻略は遅れていた。現在、同社ルームエアコンの市場シェアは2%以下とみられる。だが、海外戦略を担当する蛭子毅取締役は「(シェア拡大に)手応えを感じている」と語る。マッケイ社を北米の橋頭堡として位置づけ、市場攻略を加速していく方針だ。

同様に、タイ工場ではダイキン流のセル生産方式を導入済み。チェコなどの欧州工場にも、自動搬送システムなどが移植される予定だ。これにより現地生産・販売の「最寄り化」が、一層強化されることになる。標榜する世界一を決して“ええかげん”にではなく、確実に、射程圏にとらえようとしている。

(梅咲恵司 撮影:ヒラオカスタジオ =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。